Coco's Life~オンライン英会話と教育と~

オンライン英会話とか小学校教員資格認定試験とか看護学校受験とか。

UoPeople UNIV0001-New Student Orientation

 

Cocoです。

University of the People (略称 UoPeople) のオリエンテーション受講が終わりましたので、規約に触れない程度に感想を書いていきます。

 

今回は目次なしで書きます。

 

 

▼受講期間:2022.10.09~2022.11.01

実質受講したのは10月9日と10月11日の2日間だけです。全4Unitで、量もそこまで多くなかったため、正直1日で終わります。
大学側は、完了までにだいたい2~3時間程度、という目安を設けていましたが、私はヒマだったので真面目に英文読んで取り組んでいたため、ちょっと時間かかりました。笑

 

オリエンテーション開始を知らせるメールには、「11/1までにオリエンテーションを終えよ。さもなければ学習開始時期が遅れるかもしれない」のような脅しっぽい(笑)文言が書かれていたので、半ば強制ですね。
後述しますが、これをやらずにいきなり授業を受けた学生さんは、どこにどんな機能があるのかよくわからず、いろんな人に迷惑を書けてしまうので半強制になっているものと推察します。

 

 

▼オリエンテーションは全部で4UNIT構成

オリエンテーションは全部で4UNIT構成。UoPeopleは「所要時間は2時間ほど」と言っているので、だいたい1UNITあたり30分程度で終わります。私は前述の通り、真面目に英語読んでいたのでもう少し時間がかかりました。あまりに時間がかかってしまう場合は、Google翻訳に英文をぶちこんで翻訳しつつやってもいい…かもしれません。


内容はそれほど難しくないです。
Unit1:UoPeople設立の理念など
Unit2~Unit4:システムの使い方など
という構成になっています。

 

各Unitは

  1. 英文を読んで理解する
  2. 動画を視聴する
  3. Quiz(小テスト)をする
  4. 実際のシステムを使って疑似練習

…のような流れで進めていきます。システムの使い方のところでは、実際のシステムのモックを使って練習してみることができます。

 

①英文を読んで理解する
英文はそこまで難しくありません。英検準1級程度あれば辞書なしでも難なく理解できる…はずです。私が時間かかったのは、単にこれまで英文の読書量が少なくて、たくさん読むと飽きるからです。

②動画
字幕を出すことができます。だから、リスニングが苦手な人は字幕を出しましょう。ただし日本語字幕はありませんが…。自分の英語の力に合わせて速度調節も可能です。正直動画で説明されていることは、文章で書かれているので、動画を見る必要は…なかったかも…。私は全部見ました。

③Quiz
いわゆる小テストです。全問正解すれば、次のUnitに進める仕組みになっています。全問正解できるまで何度でも挑戦できます。また、オリエンテーションはそもそも取得単位に含まれないので、間違えてもGPAが下がったり…はありません。つまり、とにかく気軽に受講してシステムに慣れることを目的にするといいです。

④システムの練習
要するに宿題の提出方法だのディスカッション(掲示板上で他の学生と文字媒体でやりとり)だのをどうやってやっていくか、を、実際のシステムを使って練習します。普通にパソコン使える人なら問題なくできると思います。

 


▼実際にオリエンテーションを受講してみて

びっくりしたのは、「とにかく丁寧」ということ。
日本の学校、特に通信制大学だと、入学許可がおりてしばらくすると、段ボール箱いっぱいに履修の手引だの教科書だのが送られてきて、「じゃ、あとは自分でこれ読んで頑張ってね~」で放置プレーされることが多いです。とにかく「もっと自分で考えろ!」「とりあえず説明書だけ渡すから自分で読んどけ!」感がすごいのが日本の通信制大学。
でもUoPeople は学生を放置しません。動画と文章を用いつつ、きちんとシステムを理解させて、さらに小テストまで実施して定着を確認。至れり尽くせり。

ただし、そこまで手厚く尻を叩いてくれるがゆえに、学生側が努力しなければサクっとクビを切られる(=退学になる)っぽいのですが。

 

ひとまずこんな感じでオリエンテーション完了しました。

私の履修登録開始は11月に入ってから、ファウンデーションコースの授業開始は11/10だか11だかからなので、あと1ヶ月はシステムを触って慣れることと、ある程度まとまった量の英文を読み書きできるようにしようかな、と思ってます。(英語のラーニングシステムも用意されていて、無料で自由に使えるので)

 

 

 

 

 

 

最後に、下のバナー【日本ブログ村】を応援クリックをして頂けると大変ありがたいです。ご愛読ありがとうございました!

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

 

プライバシーポリシー

お問い合わせ