Coco's Life~オンライン英会話と教育と~

オンライン英会話とか小学校教員資格認定試験とか看護学校受験とか。

さよなら、ニトリのケトル兼用鍋(マルチポット)

0

 

Cocoです。

離婚して引っ越した2021年4月から、およそ1年半使用した、ニトリの「ケトル兼用鍋」(別名マルチポット)をついに手放すことにしました。

そもそもこの鍋?やかん?を購入したのは、誰だったか忘れましたがミニマリストさんのブログで絶賛されていたんですよ。これがあれば電気ケトルはいらないし、やかんもいらないし、これ1つで鍋にもなるしケトルにもなるし便利だと。で、そんな絶賛記事にほだされて買ったはいいものの、正直デメリットのほうが多くてですね。。とにかく使いづらかったんです。

ただですね、このケトル兼用鍋、ニトリの鍋の中では高い部類(1490円…だけど私の中で1000円以上の鍋は購入品だ)なんです。だから今まで、使いづらいと感じる自分をだましだましやりながら使用していたわけですが、やっぱり不便さがどうにも耐えられなくなり、普通の片手鍋(ミルクパン)を購入するに至りました。

じゃあこのケトル兼用鍋、いっけんとても便利そうに見えるのに、何がだめなのか?1年半使ってみて感じたことを素直に書いていきます。

ニトリさん、もしこの記事見たら、ほんとに真面目に改善を検討いただけると嬉しいです。。

 

1.とにかく重い

この鍋、1.9Lサイズなのですが重量がなんと720gもあります。同じくらいの容量のアルミやかん1.7Lがニトリで売られていますが、その重量は510g。一般的なやかんの1.4~1.5倍くらいの重量です。

何もいれないまま持っても「ちょっと重いなぁ」と感じるのですが、これに水を入れようものなら、正直重くてたまりません。私は水を入れた後は右手で鍋の取っ手を持ち、左手で底を支えながらガス台まで移動させてました。ほんとに重いんですよ。

 

 

2.ゆるやかな円錐台状の鍋

私はこのケトル兼用鍋を「鍋」だと思って使っていたため、余計にそう感じたのかもしれませんが、とにかく底が広く鍋の上側が狭い円錐台状の形状だと、鍋底を確認するのが難しいし、洗いにくいんです。もちろん洗いやすさはやかんと比較すればやかんのほうが洗いにくいのですが、そもそも私の場合はやかんは湯沸かし専用なので、そんなに汚れることもなく、さっと水で流せばいいだけです。中を石鹸でゴシゴシ洗ったことなんてないので、洗いにくさは「やかん」であれば気にしません。

ただこのケトル兼用鍋は「鍋」なんですよ。鍋は基本的に円柱状のものが多いため、この円錐台状がきわめて扱いづらく感じます。底が見えにくいので調理も正直しづらいです。

 

 

3.熱効率が悪い?

この鍋、どういうわけか湯が沸くのが遅いです。うちの電気ケトルやフライパンと競争させてみましたが、やっぱりいまいち。。おまけに、上部が狭いので、一旦沸騰すると、湯の量によってはけっこうな確率で吹きこぼれます。。

 

 

4.蓋が落ちる

1

 

「蓋が本体内に収納できます!」もこの鍋のセールスポイントのひとつ。しかしですね、裏を返せば、調理中に蓋が中に落ちるんですよ。。危なくてたまりません。(調理中になんども落としました)

 

 

ということで処分することに

…ということでどうにも扱いづらく、この鍋はまだまだ使えるのですが処分することにしました。せめてもう少し軽ければもっと印象が変わったのでしょうが、とにかく私には重すぎて使いづらく、これなら普通の雪平鍋で湯を沸かしたほうが100倍マシだという結論に達しました。1年半使って出した結論ですので、これはもう、この鍋が今後改善されない限り私の中の評価が変わることはないと思います。

 

代わりに導入したのは、ニトリの14cmサイズのミルクパン。普通の円い形状のものと迷ったのですが、注ぎ口のあるほうが使いやすいかなと思って注ぎ口がついているタイプにしました。なお14cmサイズを選んだのは、私は独居中年ですし鍋は基本味噌汁かうどんかラーメンつくる程度にしか使わないので、16cmとか18cmとかを買うと大きすぎるかなと思って。

ただひとつデメリットは、うちの近所のニトリは、なぜか14cmサイズ鍋に対応している蓋を置いてないんですよね~。14cm鍋を扱うなら蓋も扱ってほしかった。。(※ニトリのWebサイトからなら購入できるようでした)

 

さて14cmミルクパン、重量310g。ケトル兼用鍋の半分以下ですので非常に楽に持てます。ありがたや。

 

 

 

ちなみに14cmミルクパンの蓋がない問題は、まさかの方法で解決しました。

 

 

 

 

…じつは私、こういう日用品は購入前に「本当に問題なく使えるか」をかなりじっくり検討してから購入するクセがあるんです。できるだけ長く使いたいから、手入れの方法は容易か、すぐに壊れないか、不満は出てこないだろうか、などなどじっくり考えて買うんですね。で、今回のケトル兼用鍋もそうして考えて、実際に店頭で持ってみて購入を決めたものです。たしかに購入時に「かなり重いな」と思ったのですが、このとき、このちょっとした嫌な予感に素直に従っておくべきでした。。久しぶりに買い物失敗しました。反省。

 

 

最後に、下のバナー【日本ブログ村】を応援クリックをして頂けると大変ありがたいです。ご愛読ありがとうございました!

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

プライバシーポリシー

お問い合わせ