Coco's Life~オンライン英会話と教育と~

オンライン英会話とか小学校教員資格認定試験とか看護学校受験とか。

酸素解離曲線における肺胞と組織の酸素ヘモグロビン割合問題

f:id:cocodailylife:20200421161947j:plain

 

Cocoです。

酸素解離曲線のグラフから、肺胞と組織の酸素ヘモグロビンの割合は求めることができる。

けれど、そこから先の問題がどうにもこうにも意味不明で解けない・・・。

という方のためのメモを残しておきたいと思います。

 

なお、ここでは、グラフから

  • 肺胞の酸素ヘモグロビン割合が95%
  • 組織の酸素ヘモグロビン割合が35%

というところまでは読み取れた、という前提のもとで解説していきますね。

 

 

問題(1)組織で酸素を解離した酸素ヘモグロビンは何%?

ヘモグロビンは二酸化炭素濃度が低いところ(=肺)では酸素とくっつく性質があります。

そして二酸化炭素濃度の高いところ(=体の各組織)ではくっつけた酸素を手放して、酸素を組織に渡します。

で、酸素解離曲線は「二酸化炭素濃度の低いところ」「二酸化炭素濃度の高いところ」の2つのグラフが出てきていると思います。

今回は仮に、肺胞の酸素ヘモグロビンが95、組織の酸素ヘモグロビンが35という数字にしました。

グラフから数字は読み取れた前提です。

 

じゃあ、その差(95-35)である60はどこに行ったのか?

それが、「組織に酸素を渡した酸素ヘモグロビンの量」です。

だから、組織で酸素を解離した(=手放した)酸素ヘモグロビンは、60%ということになります。

 

おそらくここまではみなさん解けると思います。

教科書にも(必要ないと思うんですが)公式みたいに書かれてますしね。

 

で、大混乱が起きるのはここから先の問題。

 

問題(2)組織で酸素を解離した酸素ヘモグロビンは、肺胞の酸素ヘモグロビンの何%か?

「いやさっき60って出したんだから60%でしょ」という声が聞こえてきそうですが、そうすると間違えてしまいます。

で、問題集の解説を読むと、ちょっと意味の分からない計算をしているわけです。

「なんでこうなるのぉぉぉ!」

「この計算はいったいなんなのぉぉぉ!」と頭を抱えてしまいたくなると思うんですよ。

 

でもこれ、冷静に考えてみてください。

単なる小学校5年生の「割合」の単元の基本的な問題とまったく同じなんですよ。

問題文の日本語がちょっと長いのでややこしくみえるだけ。

 

高校生でこの生物の問題の解説が意味不明だ!と頭を抱えている方。

そんな方であれば、例えばね、こんな問題ならサクッと解けると思うんですよ。

3m12mの何%ですか」

 

12mが全体量(つまり100%の量)で、そのうち3mは何%?という問題。

だから、小学校の割合の計算で考えると、

3÷12×100=25%

なんて形で解くことができます。

 

あるいは、もしも割合の計算が苦手なんだとしたら、

12m(=全体量、つまり100%)だから、3mをx(%)とおいて、

12m:100%=3m:x%

と比にしてしまって、

12x=300
x=25

なんて解き方をするのもアリです。

12mが全体量(=100%)ですので、それを利用して比で解きます。

 

問題(2)に戻りましょう。

組織で酸素を解離した酸素ヘモグロビンは、肺胞の酸素ヘモグロビンの何%か?

ちょっとばかり日本語が長ったらしくなっていますが、

3m12mの何%ですか」

と、まるっきり同じですよね。

 

ここで、組織で酸素を解離した酸素ヘモグロビンは、問題(1)で求めたとおり60、
肺胞の酸素ヘモグロビンは95でしたから、

結局この問題が聞いているのは

6095の何%か?

ということになります。

ね?これなら小学校5年生の問題でしょ?

 

95が全体量(=100%)で、60は何%にあたりますか?という問題なので、

60÷95×100

をして求めてもいいし、

この割り算が嫌いで仕方ないならば、60のときの割合をxとおいて、

95:100=60:x

を解いてxを求めればいいだけです。

(式の書き方が異なるだけで、結局計算はどちらも同じになります)

あとは計算ミスだけ気をつければ解けると思います。

 

ということでここまでが初歩の問題。

でも定期テストレベルであれば、ここまで解ければひとまずは問題ないと思います。

 

国公立大や難関私大を受験する方は、この先の酸素が何mLあって1分あたりの血液量が何mLで・・・みたいな複雑なものにもどんどんチャレンジしていってください。

母体と胎児の酸素解離曲線の違いがどうのこうの問題も頻出です。

リードαやセミナーのような問題集にはわんさか掲載されていますので、どんどん解いて理解を深めていってください。

 

 

そもそも、小学5年生の割合がわからん!という方は、

小学5年生の算数 【割合(割合・比べる量・もとにする量の意味と求め方)】 練習問題プリント|ちびむすドリル【小学生】

happylilac.net

 

ここの問題を一度やっておくといいですよ。

化学にしろ生物にしろ、「理科」系科目は割合の問題が必須なので、先に「割合の基礎」を固めておくと、計算に対するイヤな気持ちがぐっと低くなります。

 

生物を習いたい!という方はこちらからご相談ください↓

manalink.jp

 

 

 

最後に、下のバナー【日本ブログ村】を応援クリックをして頂けると大変ありがたいです。ご愛読ありがとうございました!

ブログランキング・にほんブログ村へ

プライバシーポリシー

お問い合わせ