Coco's Life~オンライン英会話と教育と~

オンライン英会話とか小学校教員資格認定試験とか看護学校受験とか。

書類を紛失してしまったバイクを売る方法

f:id:cocodailylife:20210410230700p:plain

 

Cocoです。

この記事では、「書類を紛失してしまったバイク」を売るにはどうすればいいかを書いていきたいと思います。

 

 

バイクの書類って何があるの?

バイクを購入すると、以下のような書類が交付されます。

  • 125cc以下:市町村発行の「標識交付証明書」+自賠責保険証
  • 126~250cc以下:「軽自動車届出済証」+自賠責保険証
  • 251cc以上:「自動車検査証」+自賠責保険証

 

ナンバープレートが付いているバイクの書類を紛失した場合

バイクにまだナンバープレートがついており、毎年5月頃に自動車税の納税通知書が届いている場合は、書類を紛失していても買取できます。
ただ書類を紛失している場合は、どこのバイク買取店でも基本的には買取金額は振込みの対応になります。
バイク買取店が、あなたに代わって書類の再発行等の手続きをしてくれます。
(再発行手数料などは取らないバイク買取店が多いですが、念のため買取を依頼する会社に確認を取ることをおすすめします)

 

(1)125cc以下のバイクの書類を紛失した

125cc以下の場合は、登録したときの住所や氏名、電話番号、バイクの車台番号などがきちんとわかれば問題なく買取の手続きができます。
多くのバイク買取店では、何の問題もなく現金買取になると思います。

たいていは市町村登録の125cc以下のバイクの場合、ナンバープレートの返納手続きは「お客様ご自身で手続きしてください」というバイク屋さんが多いです。

ナンバープレートと認印(2021年4月以降は不要になりましたが、一応)、身分証明書を持って、ナンバープレートに記載された市町村の納税課に行けば、無料でナンバープレート返納の手続きができます。

 

手続き書類はこちら。これを印刷して記入し、市役所に持って行きます。

https://www.city.kashiwa.lg.jp/documents/1064/hennou.pdf

「柏市」と名前が入っていますが、二重線で消せば全国どこでも書式は同じですので使えます。

なお、ナンバープレートを紛失した場合は、ナンバープレート代(数百円程度)を請求されることがあります。

申告理由は「廃棄」または「譲渡」にします。「廃棄」にした場合は譲渡証が出ませんが、原付の登録はどうにでもなりますのでどちらでも大丈夫です。

 

(2)126cc以上のバイクの書類を紛失した

この場合は、バイク買取店があなたに代わって書類の再発行を行ってくれます。
ただし、買取金額はその場で現金手渡しではなく振込みになります。
どうしても査定額を現金でもらいたいという場合は、買取店に査定を依頼する前に、陸運支局で自分で書類の再発行手続きを済ませることが必要です。

 

 

ナンバープレートのないバイクの書類を紛失した

f:id:cocodailylife:20200602161739j:plain

(1)125cc以下の場合

この場合は「ナンバープレートのある125cc以下のバイク」と同じ手続きの流れになりますので、問題なく買取ができます。

 

(2)126cc以上の場合

ナンバープレートのない(=登録を抹消している)バイクの書類を紛失した場合、通常のバイク買取店では買取ができないケースが出てきます。
書類の再発行も不可能なケースが多いです。
(一応できなくはないようですが、陸運局の中の人が冗談抜きで手作業で発行時の書類を探すことになるようで、めちゃくちゃ時間がかかります。だから誰もやりたがりません。陸運局も嫌がります)

もしかしたら、書類もナンバーもないバイクの買取・引取りをしてくれるバイク買取店もあるかもしれませんが、Cocoが知る限りでは、そのようなバイク屋は聞いたことがないです。
たくさんのバイク買取店や、バイク屋に電話をして相談してみることをおすすめします。

 

また、まれにご自身で126cc以上のバイクのナンバープレート返納をされる方がいらっしゃいます。
ナンバー返納する場合は、必ず「一時抹消」にしてください。
「永久抹消」にしてしまうと、次のお客さんやバイク屋にバイクを販売することができないので、買取ができなくなります。
※年に1回くらいの頻度でこのパターンのお客さんから相談を受けますが、Cocoのバイク屋ではこのようなバイクは取り扱い不可です。

 

もし、自分で手続きの方法がわからないようであれば、自分でやるのはやめて、バイク買取店に一任することをおすすめします。
そのほうが間違いがありません。

 

ナンバーは付いているが、納税の書類が届かない

主に251cc以上のバイクに該当しますが、何年も自動車税を滞納していたり、車検が切れたまま放置していると、そのうち納税の書類が届かなくなることがあります。
この場合は、「職権抹消」といい、国がバイクの登録を永久に抹消してしまいます。

こちらも職権抹消を回復させる手はあるにはあるのですが、基本的にはこれまでの持ち主がこれまで放置して支払っていなかった年数分の自動車税を支払わなければなりません。
その上、これまた手続きがめちゃくちゃ煩雑なので、買取をしてくれるバイク買取店はかなり限られます。
(Cocoが働いているところは職権抹消のバイク買取は面倒くさいので断ってます。バイクそのものの単価も安いことが多いですし、手続きにかける手間や労力、時間を考えると赤字になるので)

 

 

まずは買取店に相談を

バイクの書類を紛失してしまったら、まずは購入店やバイク買取店に相談をして、指示をあおぎましょう。まだナンバーが付いている状態のバイクで、長期放置(5年程度)でなければ、書類を紛失していても買い取ってもらえる可能性が高いです。
長期放置やナンバー返納済みで書類を紛失してしまっている場合は、できるだけたくさんのバイク屋やバイク買取店に相談することをおすすめします。
数はかなり限られますが、買取もしくは引き取りで対応してもらえるところはあるはずです。

 

 

 

最後に、下のバナー【日本ブログ村】を応援クリックをして頂けると大変ありがたいです。ご愛読ありがとうございました!

ブログランキング・にほんブログ村へ

プライバシーポリシー

お問い合わせ