Coco's Life~オンライン英会話と教育と~

オンライン英会話とか小学校教員資格認定試験とか看護学校受験とか。

冗談抜きで使い方がややこしい動詞「help」

f:id:cocodailylife:20201001214431j:plain

 

Cocoです。

英語を勉強すればするほど、中学1年生の頃に学ぶ英単語の奥深さに驚かされ、ときには嫌気が差します。笑

今回びっくりしたのは動詞「help」に関して。

 

 

動詞「help」の使い方

動詞「help」はほんと面倒くさいんですよ。

こんなに簡単な単語なのに意外と扱いの難しい困ったちゃんです(そう感じるのは私だけかもしれない)。私が英会話で話すときは、その面倒臭さからほぼ登場しません。いい加減使えるようにしないといけないのですが。。

 

1. help 人 with 物 「人の物を手伝う」

これは中学レベルの英語で学びますね。しかしここからすでにややこしい。

日本語だと「宿題を手伝う」「家事を手伝う」など、目的語(~を)には「モノ」がきます。

ところが動詞helpはモノを目的語に取ることができない単語です。

helpを使うときは、「人」を目的語にしなければなりません。

ここが日本語と英語の違いで、ここを間違えるとへんてこりんな英語が完成します。

だから、「宿題を手伝う」なんて言いたいときは、

I helped her with her homework.

みたいに、helpの後ろには「人」を置き、その後ろにwithとセットで「モノ」をおきます。

 

日本語の感覚でいると、うっかり

I helped her homework.

とやってしまいそうですが、これはダメなので注意が必要です。

 

2. help 人 (to) do  「人が〜するのを助ける」

これは高校レベルになると非常によく出てきます。

help 人 までは先の例と同じで、そのあとが不定詞を伴う形です。

help 人 to do~「人が~するのを助ける」という意味になります。

ちなみに人の後ろにある不定詞は、to不定詞のこともあれば、原形不定詞のこともあります(原形不定詞のほうを多く見かけるような気がします)。

Water helps people (to) survive. (水は人が生きるのを助ける)

みたいな文章です。

 

※原形不定詞は主に米国、to不定詞は主に英国で使われるようです

 

3. help (to) do  「〜するのに役立つ」

helpには「役立つ」という意味の用法もあります。

長文を読んでいるとよく見かけます。

He helped (to) launch a new product. (彼は新しい製品を発売するのに役立った)

のような形です。

※この用法のhelpは自動詞だと書いてあるブログが多いですが、辞書を引くと他動詞になっています。

 

4. help + 〜ing 「〜するのを避ける」

これも高校レベルでは頻出だと思います。だいたいcannotとセットで使われます。

helpそのものは「避ける」という意味になります。

I couldn't help laughing. (私は笑うことを避けられなかった)

私は笑うことを避けられなかった=笑わずにはいられなかった

みたいなやつです。

 

この場合、helpの後ろにくるのはing形。他動詞なのでこのing形は動名詞かなと思います。

「避ける」にはavoidみたいな動詞もありますが、これも目的語に動名詞を取る動詞なので、仲間みたいなもんじゃないかな、と個人的には思ってます。

 

 

辞書を引くと他にもいくつかhelpの用法が見つかります。自動詞もあります。

 

 

ニュース記事を読んでいたら出てきたhelp

今回この記事を書いたのは、こんな経験をしたからです。

 

先日、英会話の予習でニュース記事を読んでいたら、こんな英文がでてきました。

・・・えっ?えっ?これはなに??

 

 

this new method could help scientists studying climate change.

 

なんでhelp 人 の後ろがing形になってるの~!!

help 人 ときたら後ろはto不定詞もしくは原形不定詞で

this new method could help scientists (to) study climate change.

のはずなのに~!!

 

で、Twitterで質問を投げてから、ある可能性に気づいてしまいました。

 

そう、「現在分詞の後置修飾」の可能性があることを。

this new method could help scientists (studying climate change ←ここはscientistsの説明).

 

 

 

なんと、helpの用法は関係なかった!!

studyingはただの現在分詞!!

 

 

まとめ

ということで動詞helpは中1レベルの単語なのでみんな知ってる基本語彙。

ところが意外と使い方がややこしく、知れば知るほど面倒くさいやつです。

今回出会った英文は、help 人 -ing という形のもの。

また知らないhelpの用法が出てきた!とびっくり仰天したものの、後ろの-ingは前にある人(scitntists)を修飾しているだけ、ということが判明しました。。

 

こんな形で出てくることもあるんですね。。勉強になりました。。

 

 

英会話のために「使い方」まで英文法を深く学ぼう

 

最後に、下のバナー【日本ブログ村】を応援クリックをして頂けると大変ありがたいです。ご愛読ありがとうございました!

ブログランキング・にほんブログ村へ

プライバシーポリシー

お問い合わせ