Coco's Life~オンライン英会話と教育と~

オンライン英会話とか小学校教員資格認定試験とか看護学校受験とか。

英会話で抽象的な質問をされて困ったときの逃げ切り方

 

f:id:cocodailylife:20201009214104j:plain

 

Cocoです!

以前、英語の質問が抽象的過ぎて返答に困るなんて記事を書きました。

英語の質問ってかなり抽象的なものが多かったりして、いったいどうやって答えたらエエねん、と悩んでしまうようなものもあります。

以前書いた記事から半年以上経って、最近は返答に困る質問もどうにか切り抜けられるようになってきました。

そこで今回は、私自身が質問回答に悩んだときの切り抜け方を書いていきたいと思います。

 

 

困った質問への切り抜け方(1)講師の顔色を伺いつつ話す

f:id:cocodailylife:20201001214431j:plain

 

正直めちゃくちゃ姑息な手段だと思いますが(笑)だいたいはこれで乗り切っています。

 

例えば、「クジラについてどう思う?」と言われたら、「でっかい哺乳類で、かわいいよね」とか、まずは適当に言ってみてから講師の反応をうかがいます。

講師が考えていることと違うことを言っている場合は「そうじゃなくて」と合いの手が入るので、ここから講師がどう答えさせたいのかを聞いて、講師が求めているものを探ります。

あっている場合は講師は基本的には何も言わないので、そのまま思いつくままに自分の考えを話します。

 

 

困った質問への切り抜け方(2)まじめに考えない

f:id:cocodailylife:20201001213029j:plain

 

質問にどう回答していいかわからなくて困ってしまうのは、もしかしたら真面目に考えすぎなのかも、と思うようになりました。

なので、最近はあまり真面目に答えを考えようとするのをやめました。

 

例えば、先日の質問で困ったものがあります。

 

What's the best way of making a lot of money?

つまりたくさんのお金を作り出すのにもっともいい方法は?という質問。

真面目に考えているとよくわからなくなってきたので、「それが分かってたら今頃はお金に困ってないよ」みたいな答え方をしたらウケました。。。

 

日常の会話の延長でディスカッションをしているので、別に英検の二次試験みたいに真面目に答える必要はないんですよね。

日本人と日本語で話す感覚で大丈夫。

それがここ半年の間でわかってきて、そこから返答がわりと楽になりましたし、返答することでウケることが増えてきました。

 

どう回答すればウケるのかがわかってくると、ちょっと気の効いた返しなんかもできるようになってきます。その結果、コミュニケーションがより円滑になることがわかってきました。

 

 

困った質問への切り抜け方(3)質問を質問で返す

f:id:cocodailylife:20201001212342j:plain

 

どうしても思い浮かばないときは、少し悩んでから「あなたはどう思うの?」と聞いてしまいます。おしゃべりな講師なら自分の考えなんかを話してくれるので、講師の考えを参考にして自分も話す、というセコイ技を使っています。

 

ただこれ、個人契約の先生に対して使うと「それはチートだ」「やり直し」といわれるので、個人契約の先生に対してはあんまり使っていません。

 

 

最後に

私の場合は、最近はこんな感じで困ったときは切り抜けるようになりました。いちいちまじめに考えて返す必要もありません。むしろまじめに返事しないときのほうが講師にはウケますし、その後の関係も良くなるような気がしています。

 

 

 

最後に、下のバナー【日本ブログ村】を応援クリックをして頂けると大変ありがたいです。ご愛読ありがとうございました!

ブログランキング・にほんブログ村へ

プライバシーポリシー

お問い合わせ