Coco's Life~オンライン英会話と教育と~

オンライン英会話とか小学校教員資格認定試験とか看護学校受験とか。

DMM英会話の無料体験

f:id:cocodailylife:20200601193601j:plain

 

Cocoです。

オンライン英会話移籍にあたって、DMM英会話も無料体験をしています(アカウント消しちゃったので)。この記事では、実際にDMM英会話でレッスンを受けてみて感じたことを素直に書いていきたいと思います。

 

 

DMM英会話の無料体験(1回目)

DMM英会話は無料体験時にクレジットカードなどの登録をする必要がありません。安心して無料体験レッスンを申し込めるところが助かります。

オンライン英会話の会社によっては、無料体験時にクレジットカード登録を求められたりするところもあります。そういうところの場合、無料体験後に継続しない場合はきちんと退会処理をしないと「使っていないのに料金を支払う羽目になる」ということが起こります。(某N社とかS社とかK社はそういうシステムになってます)

そういう意味で、DMM英会話(と、某R社とH社など)は無料体験時にクレジットカード登録をする必要がないので、ある意味安心して体験できる点が優れていると感じます。

 

DMM英会話の場合は無料体験用の教材が用意されていません。はじめて英会話をする、という場合は、自分がどのレベルのどの教材を使えばいいのかのガイダンスもないので、そこは若干不便に感じます。

 

私の場合は、ちょっと悩んで、利用者の多いデイリーニュースを選択しました。選んだのはレベル6の記事です。私にとっては易しめなので予習不要なのと、レベル6記事は豊富にあるので選びやすいからです。

予約時は受講したい時間で検索し、最初に出てきた講師で予約を入れました。DMM英会話は評価の高い講師ほど最初に出てくるようになっているので、あれこれ悩むより最初に出てきた講師を予約するのが確実かつハズレを引きにくいからです。

もちろん自分に合う合わないという相性はありますが、少なくとも最初に出てきた講師を選べば、変なレッスンにはなりにくいです。

 

予約時のコメントに「This is the first time I take the lesson at this online school.」と書いておきました。こうしておくと講師も無料体験の人だとわかるので、DMMのシステムとかお勧め教材とか紹介してくれたりします。

 

ちょっと戸惑ったのはレッスンルームです。レッスンの5分前にDMM英会話からメールが来るので、レッスンルームに移動をします。が、この段階ではまだ講師と繋がることはできません。

レッスン開始10秒前?あたりに、自分のマイクとカメラを接続できるようになります。ここがちょっと慣れるまで時間がかかりそうな感じです。

 

ただレッスンシステムそのものは非常に使いやすいです。Preplyとちょっと似てるかなとも思うのですが、テキスト画面とチャットボックス、そしてノート(ノートは講師も生徒も同時に書き込んだりできるモノだそうです)が別タブになっているので、画面が広く使えます。

 

初回はメキシコの講師でした。時間ぎりぎりに予約したので評価4.82の講師しかおらず、ちょっと微妙かもな、と思いながら受講しましたが、レッスン進行は非常に上手で多少訂正もあり、全体的には満足でした。PC内蔵マイクで音を拾っているからか、音が響いて聞き取りにくいという問題はありましたが、それさえなければこの講師はもっと評価があがりそうです。

 

 

DMM英会話の無料体験(2回目)

元DMM英会話ユーザー(現スパトレユーザー)の方から「テーマ別会話」が私に向いているんじゃないかと薦めていただきました。で、テーマ別会話を使ってみることにしました。

 

テーマ別会話は1単元あたり5問しか質問がないテキストで、質問に対してagree/disagreeで答えます。ここで単に賛成反対で答えて終わりにしてしまうと時間が持たず、気まずい時間が流れるので、私は必死こいて理由だの裏づけの具体例だのを話さざるを得ません。

 

英検準1級のスピーキングで課される質問も同じような感じですので、例えば英検のスピーキング対策としても十分使えそうな感じです。

 

私の場合はだいたい自分の持ち時間を2分と決めて取り組むとよさそうです。質問1つに対して、私が2分で話し、講師も2分で話していきます。そうすると5題話すのにだいたい20分が必要で、残りの5分はスモールトークとか訂正とかアドバイスなどに使われます。

 

比較的、抽象度の高い質問が多く感じるので、中上級者向け(レベル7ですしね)の教材ですが、「自分が意識してたくさん話さないといけない」という意識でレッスンに取り組むことができますし、また、実際のところ講師も私が話している間は口を挟まず聞いてくれるので「話し倒す」練習には最適のように感じます。

 

ちなみにこの「テーマ別会話」は、

① Hypothetical Questions( 仮定の質問 ) 151レッスン
② Agree or Disagree(賛成と反対) 48レッスン
③ Describing Things (描写)95レッスン

と、全部で3つのパートに分かれています。私は②の賛成反対を使っています。

質問内容は社会問題に関することがらが多いので、英検で意見を述べる対策に向いていますし、私にとってはこれが一番頭を使うので楽しいです。

 

 

DMM英会話への入会を本格的に検討している

ということで、今は完全にDMM英会話へと心が傾いているような状況です。DMM英会話を使うことによって、

  • 「話し倒す」練習ができる
  • 教材が豊富である
  • レッスンルームの使い勝手が良い
  • ゆくゆくは英検1級対策も視野に入れられる

というメリットが私にはあるからです。

とりあえず3ヶ月ほど続けてみて、最終的にスパトレに戻るか、あるいはDMM英会話に在籍を続けるかを決めるのもアリかな、と思っています。

 

 

 

最後に、下のバナー【日本ブログ村】を応援クリックをして頂けると大変ありがたいです。ご愛読ありがとうございました!

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

プライバシーポリシー

お問い合わせ