Coco's Life~オンライン英会話と教育と~

オンライン英会話とか小学校教員資格認定試験とか看護学校受験とか。

オンライン家庭教師の指導記録(10/12~10/18)

f:id:cocodailylife:20201020165013p:plain

 

2020年10月12日~10月18日のオンライン家庭教師としての指導記録です。

10月は受験の方が多く非常にバタバタしています。

 

 

10月12日(月曜日)

なし

 

 

10月13日(火曜日)

◎Hさん(看護学校受験指導/単発)

 入試直前期ですので面接の模擬練習とアドバイスをさせていただきました。

 

 

10月14日(水曜日)

◎Nさん(パナマ在住/社会人/日本語指導)

いろいろあって1ヶ月ぶりのご指導でした。久しぶりだったので近況報告などをしあいました。その後、言語の発音のきれいさは幼少期にどのくらいその言語に触れたかによって変わるよね、というような話をしました。

 

◎Aさん(社会人/准看護学校受験指導)

面接対策がメインの授業でした。学習の進捗報告に加えて、モチベーション維持の方法などを含めてお話をする形で指導をさせていただきました。

 

◎Hさん(社会人/看護学校受験指導/単発)

 入試直前期ですので面接の模擬練習とアドバイスをさせていただきました。

 

 

10月15日(木曜日)

◎Sさん(社会人/英検準2級指導)

英検長文を音読していただき、その後設問に答えていきます。やや難しい語彙や表現は使い方の例文なども提示させていただきながら、「自分で使える(=書ける・話せる)も目指した指導をさせていただいています。

 

 

10月16日(金曜日)

◎Kさん(高3/単発/志望動機添削)

いつもレギュラー指導をさせていただいていますが、この日は単発で志望動機の添削をさせていただきました。大筋のところはよく書けているのですが、段落構成がよくないせいでやや読みづらい印象を受けました。そのため、段落の入れ替えと表現の変更などを行っています。やや職業志望動機が少ない気がしたため、学校志望動機を少し削り、職業志望動機を増やしました。

 

 

10月17日(土曜日)

◎Gさん(シアトル在住/社会人/日本語指導)

Gさんとは日本史のテキストを読み進めるという形で日本語指導を行っています。そのため、日本語の指導というよりは日本史の指導をさせていただいているような感じの授業になっています。

この日は大日本帝国憲法制定の流れに関するところでした。「自ら」の読みは「みずから(=自分から/自分で)」と読みます。「おのずから(=自然に)」は「自ずから」と書きます。

 

◎Hさん(高3/看護学校受験指導)

現代文の読解を1題と、看護学校受験に向けた面接対策をさせていただきました。小テストは毎回とても頑張って覚えてくれていますが、対義語の暗記がやや甘い印象を受けるので、次回もう一度対義語のみテストをします。

抽象的な文章の読解は少しずつできるようになっていますね。面接の応答については、悩みながらも自分の意見をしっかり述べられていて素晴らしいです。

 

 

10月18日(日曜日)

◎Kさん(高3/生物)

この日は「動物の反応と行動」から「聴覚」「味覚と嗅覚」「神経の働き」に関するところでした。耳の中にある「半規管」「前庭」は体の傾きや回転の方向などを感じ取るところです。

半規管の中にはゼリー状の物質があり、それが体の回転方向とは反対向きに傾くことで、自分の体が回転していることを知ることができます。

前庭の中には小さな石があり、それが動くことで体がどのように傾いているのかを知ることができます。

 

◎Kさん(高3/英語)

過去問の長文を一緒に読むところまで行いました。今回の長文は再生医療に関する話題でした。organやtissue、kidney、lung、transplantなどの医療系で出やすい語彙が盛りだくさんでしたので、入試に向けて少しずつ医療系で出やすい単語も覚えていきましょう。

 

◎Aさん(社会人/准看護学校受験/体験授業)

体験授業では苦手だとおっしゃっていた食塩水の問題に挑戦していただきました。小学校の計算(分数や小数など)が怪しいです、とのことでしたが、60分の体験授業で2つの食塩水を混ぜたり、食塩水を蒸発させたり、食塩水に水を入れて薄めたりする問題はできるようになりました。

数学は子どもの頃に苦手意識があったとしても、大人になってから学ぶと意外としっかり理解できるようになることもあります。ですので「私は苦手だったから…」と落ち込まずに、勇気を持って取り組んでみて下さいね。

 

◎Tさん(社会人/准看護学校受験)

今日は因数分解と素因数分解の範囲でした。因数分解は①公式利用(かけて16、たして6になる数を見つける、など)②項の中にある共通している部分を先に書き、残りをカッコの中に入れてしまう、という2種類の方法を使って解くことができます。もう少し練習が必要です。pdfファイルをお渡ししたので、それを使ってもう少し練習なさってください。

 

 

指導のご依頼はこちらから>>>

※現在かなり生徒さんがたくさんいらっしゃるので、ご期待に添えない場合もございます。すみません。ただ空き枠があれば大丈夫ですのでぜひ一度お問い合わせ下さい◎

manalink.jp

 

 

最後に、下のバナー【日本ブログ村】を応援クリックをして頂けると大変ありがたいです。ご愛読ありがとうございました!

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

 

 

プライバシーポリシー

お問い合わせ