Coco's Life~オンライン英会話と教育と~

オンライン英会話とか小学校教員資格認定試験とか看護学校受験とか。

英作文基本300選の効果的な使い方【英会話向け】

f:id:cocodailylife:20200724211142j:plain

 

Cocoです!

この記事では、大学受験向け英作文問題集「英作文基本300選」を使ってライティングとスピーキングの力をアップさせる方法について紹介します。

 

 

1.英作文基本300選の概要

英会話で使える表現を増やしたいと思っていても、何から始めたらいいのかわからなくて悩む人が多いのではないでしょうか。

基本的にスピーキングで使う会話に関しては、すべて「英作文」が基本だとCocoは思っています。
英作文とスピーキングは紙に書くか、口から出すかの違いだけ。

英作文をするためには、まずは英文を暗記して、自分が英語で表現できるパターンの数を増やすことから始めると効率がいいです。

これができるようになると、紙に書く代わりに口から英語を出す、ということをしていけばいいだけですよね。

この「英作文基本300選」は、英文を暗記して、表現できるパターンを増やすことに適しています。

この参考書で英作文の基礎を固め、スピーキングで使える表現を増やしていきましょう。

 

 

 

なお、この参考書は大学受験向けの参考書ですので、すでに高校の英文法を一通り網羅できている(英検2級~)という状態から始めることをおすすめします。

高校レベルが怪しいよ、という場合は、瞬間英作文のほうが適しているかもしれません。

 

 

 

2.英作文基本300選の特徴

「英作文基本300選」に載っている300例文は、様々な大学の入試で実際に出題された文法問題から厳選されています。

そのため、この本は英作文だけでなく、英文法の土台作りができる例文集という使い方もできます。

 

f:id:cocodailylife:20200724211853j:plain

*1

 

 

本を開くと、左ページが日本文、右ページが英文と英文を直訳した日本語、そして、両ページ下のスペースで文/語法の解説が載っています。

この直訳した日本語が、この本のタイトルにある「英語的発想の日本語」になっていて、日本語をどう言い換えたら自然な英語になるのかのヒントになっています。

 

文法解説はそこまで詳しいものではありませんが、たとえば unlessとif not ~、withoutとinstead ofの違いといった、ややこしい文法のポイントはきちんと解説されてある点もいいところです。

 

 

3.英作文基本300選を使う目的

日本語をそのまま直訳して英語にすると、不自然な英語になってしまうことが多いです。

それは日本語と英語には文化や表現のズレがあるからです。

そのせいで、日本語ではこう言うけれど英語でそれは言わない、といったことが起こります。

たとえば、日本語では熱い食べ物を食べることが苦手な人やそういう性質のことを「猫舌」という言葉で表現します。でも「猫舌」に相当する英語はありません。

仕事をしているとよく使う「お疲れさまです」「よろしくおねがいします」という表現。これもそのまま英語に直すことは難しいです。

そのため、「猫舌」の例で言えば、「熱いスープが苦手」などのように他の表現で言い換えながら英語で表現することが必要になります。

 

このような「日本語と英語の表現のずれ」を学び、会話のときに、自分の意見や考えを
より相手にスムーズに伝えることができるようにする、という目的でCocoはこの問題集を使っています。

 

 

野菜をMotto!!国産厳選野菜スープ

4.英作文基本300選の使い方

Cocoはスピーキング目的で本書を利用しています。

今回は「英会話の力をつける」ためのCocoなりの使い方を紹介します。

 

1日の学習はこのような流れで行っています。

 

1日に行う英作文は新規の10文と、前日までに間違えたページをしています。

基本的には「復文」といって、お手本の英文と和訳をじっくり観察し、お手本の英文どおりに復元していく方法を取っています。

 

関連記事>>>

www.cocodailylife.work

 

 

 

新規の10文は以下の要領で行います。

  1. 左ぺージの日本語、右ページの直訳と英文に目を通す。
    左ページの日本語から直訳にしたときの違いを確認する。
    さらに、直訳からどのような英文になっているのかも確認する。

  2. 解説を読んで英文の構造を把握する。
    精読するときと同じ要領で、SVOCなどを振ったり、文法事項を確認したり。

  3. 英文を音読しながら直訳文と左ページの日本語を参照する。

  4. 右ページを隠し、左ページの日本語を見て英作文をする。
    書きながら同時に音読していく。

  5. 答え合わせ。冠詞とか代名詞とかの抜けが意外とあるので注意しながら。
    答え合わせ中も答えの英文を音読しながら1語ずつ丁寧に自分で添削する。

  6. 間違えた問題は、何をどう間違えたのか、どういう考え方をすれば次間違えないのかを丁寧に分析する。正しい英文を音読する。

  7. ④~⑥を再度繰り返す。


復習の英作文は以下の要領で行います。

  1. 右ページを隠し、左ページの日本文を見て英作文する。
    書くペースに合わせて音読しながら。

  2. 答えあわせ。
    正しい英文を音読しながら。
    間違えた場合は、なぜ間違えたかを丁寧に分析する。

  3. 1ページすべて正解であれば合格。
    1問でも不正解なら翌日に持ち越し。

Cocoのペースで、毎日新規の10文(2セット)と復習の20文の英作文をすると、所要時間はだいたい40~60分ほどです。仕事をしながらでも、比較的負担を減らした状態で続けられる量です。

忙しくて時間が取れないときなどは、新規を5文だけに減らすとか、あるいは復習だけして終わりにします。

 

 

5.英作文基本300選を使った学習の今後の予定

新規の英文を1日10文のペースで進めていくと、「英作文基本300選」を1ヶ月で1周させることができます。

2周目以降は新規がゼロになりますので、1日20文のペースで進め、3周ほどやってあらかた英文を覚えてしまった段階で終了にしようと思っています。

 

3周ほど紙に書いて行えば、ほとんどの英文を体を使って覚えられます。それが終わったら次は「瞬間英作文」テキストとして本書を使います

 

全体を50文×6パートに分割して、最初の英文から順番に瞬間英作文をしていきます。

左ページの日本語を読み、2~3秒で英文を組み立てます。

右ページの英文を見て答え合わせ。

間違ったところには線を引き、あとは英文を5回音読。

 

何度か手を使って書き、かつ書きながら音読をしているので、瞬間英作文をしても、そこまで時間がかからないはずです。

また、難しすぎて手がつけられない、という状態にもなりません。

 

1つのパート(50の文章)が終わったら、そのパートを最初から復習します。

すでに学習し終えた文章ばかりですから、復習はすぐに終わります。

 

 

まとめ

「英作文基本300選」に掲載されている日本文は、英会話をする上でもよく使われそうなものが多いです。また、瞬間英作文よりもやや難易度が高いので(瞬間英作文は中学英語をフル活用しますよね)、易しい英文に飽きてしまった方にも向いています。

Coco自身はこれをしばらく続けながら、自分の英語がどう変わっていくのか主観的に観測していこうと思っていますので(ほんとは客観的にしたいのですが、いかんせん自分のことなので主観だらけになります、すみません)、また変化があれば報告したいと思っています。

 

 

 

最後に、下のバナー【日本ブログ村】を応援クリックをして頂けると大変ありがたいです。ご愛読ありがとうございました!

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

プライバシーポリシー

お問い合わせ