Coco's Life~オンライン英会話と教育と~

オンライン英会話とか小学校教員資格認定試験とか看護学校受験とか。

Coco流:英単語帳の覚え方

f:id:cocodailylife:20200601193601j:plain

 

Cocoです。

今年中にTOEICもしくは英検準1級を受けるので(まだどっち受けるか決めてない)インプット学習を始めました。

私は長期間にわたってコツコツものごとを続けていくことが苦手で、特に単語の暗記のような「単純作業」を長く継続するのは性格的にムリなんです。

そんな私がどうやって単語を覚えているのかを今回は紹介したいと思います。

 

 

単語学習の基本は「薄く、何度も」

単語学習と書きましたが、単語学習に限らず、暗記しなければならないものは、私は基本的に「薄く、何度も」という方針で覚えていきます。

 


デッサン の描き方-パイナップルの鉛筆デッサン

 

例えば絵を描くときはこの動画のように、まず最初に大まかなかたちを捉え、だんだんと細かいところを描いていきます。

これと同じで、暗記するときも「最初は大まかに形を捉え、だんだんと細かいところに焦点を当てていく」方式で行うのがCocoなりの暗記の方法です。

薄く広いインプットを何度も何度も繰り返し行い、最終的には単語帳のほとんどをまるっと覚えてしまうようなイメージです。

 

 

具体的に何周するのか

f:id:cocodailylife:20200602161739j:plain

 

覚える量とかけられる時間によりけりですが、私の場合は単語帳は最低15周、多いときなら50~100周ほど繰り返すこともあります。

自分が「この単語帳はもういいや」と思えるまでひたすら周回させますのでいちいち回数は覚えていませんが、昔使っていた

【音声DL付】TOEIC®L&Rテスト やたらと出る英単語クイックマスター+ (TTT速習シリーズ)」なんかはそれこそ100~200周くらいはしたかもしれません。 

 

 

こんなことをいうとおそらく大抵の人はドン引きしてここで読むのを辞めてしまうかもしれませんが(笑)1回あたりの学習はほんとうに「薄い」ですので、そのくらい繰り返さないときちんと頭に入らないんですよ。

 

その代わり、私の方法だとだいたい1~2日あれば単語帳を1周できますので 、50周やるには50~100日、つまり3ヶ月ほどもあれば十分なんです。

また、一度覚えてしまえばかなり忘れにくいですのでメンテナンスもほぼ不要です。

 

 

具体的な単語帳の覚え方

f:id:cocodailylife:20200112210839j:plain

 

例えば私は今は「銀のフレーズ」に掲載されている単語を使えるようにする目的で銀フレを使っていますが、以下のような手順で行っています。

  1. 右のページを赤シートで隠す
  2. 左のページを見て、フレーズを頭の中で音読
  3. 隠れている単語は1秒以内に頭の中で言う
  4. すぐ答え合わせ(右ページを見る)
  5. 合っていれば丸を入れる
  6. 間違っていたり、語彙が出てこない場合は意味を1秒で確認して次のフレーズに

 

こんな感じでどんどんやっていきます。この方法だと、1単語あたりにかける時間は多くても5秒程度です。1分で12単語の確認ができます。

「銀フレ」は1000語掲載の単語帳ですから、1000語に目を通すのにだいたい80分ほどあれば終わります。

 

Cocoの場合はだいたい1日あたり500語を目安にして、スキマ時間を利用してちょくちょくやっています。500語ならたった40分で終わりますので、食前に5分、食後に5分、家でくつろぎながら5分、仕事の合間に5分、のような感じで、「スキマ時間」を見つけては単語帳を読む感覚で行います。

 

 

 

業界初・オンライン特化型コーチ スタディサプリENGLISH

この覚え方のメリット

ソース元がどこだか忘れてしまったので説得力に欠けるのですが、人がモノを覚えようとするとき、6回目くらいまで人は忘れ、7回目あたりから脳がようやく「これは重要な情報だ」と認識をし始めるそうです。

誰だったかな、東大出身の方が「本は7回読む」とおっしゃっていましたが、おそらく同じ原理だと思います。7回目以降から脳が覚えることを始めるので、同じ本を繰り返し読みます。

 

また、エビングハウスの忘却曲線を考えると、学習してから時間が経つほど人は忘れます。できるだけ間をあけずにハイペースで復習を入れていくことが必要です。

 

f:id:cocodailylife:20200112213059j:plain

↑これは英検準1級のパス単です。

 

私のやり方の場合、単語帳を1周するのに2日ほどしかかかりませんから、1日目に目を通したところを3日目、5日目…と奇数の日に目を通し続けることになります。2日目に目を通したところが偶数日です。そうすると、短期間の間に何度も何度も覚えていない語彙を目にする機会ができます。

何度も目にすることによって、覚えていきます。

 

例えば、「毎日10単語を覚える」と決めて銀フレに取り組んだ場合、1日目にやったところを復習するのは101日目です。3ヶ月以上も時間が空いてしまうと、結局初日に完璧に覚えたとしても、101日目にはすっかり忘れているんです。

 

暗記の際に大切なのは

  • 短期間に
  • 何度も覚えたい語に出会うこと

だと私は考えているので、この手法を取って覚えていきます。

(暗記科目はぜんぶこの方式で行います)

 

ちなみに私の場合、単語帳で学習するときは「絶対に覚えなきゃ」という意識はせずにとにかく通読することを意識して行っています。見たことのある回数が多ければ多いほど、そのうち頭に入ってきますので、「なにがなんでも覚えなきゃ」と気負って単語帳と向き合うことはまずありません。私の性格上、そんなことをやると3日で挫折します。

 

デッサンで静物画を描くとき、少しずつ形をとり、だんだん詳しく描き込んでいくように、私もなんどもなんども「本を読むこと」を繰り返します(音声も同時に100周くらい聴くのですが)。

 

 

暗記を継続するためのコツ

継続するためのコツはいくつかあります。

  • 単語帳を肌身離さず持ち歩く
  • 覚えようと気負わない
  • 単語帳は最後から遡る

 

(1)肌身離さず持ち歩く

あ、今ちょっと時間あるから単語覚えようかな、と思ったとしても、そこに単語帳がなければどうしようもありません。だから私は、必ず単語帳をカバンの中に入れて持ち歩きます。

単語に目を通すためにまとまった30分なり40分なりの時間を捻出することは難しくても、お昼休憩のうち3分だけとか、電車やバスの待ち時間とか、ほんのちょっと時間があるときに「目を通す」をしていれば、あっと言う間に500語に目を通すことができます。

これが、仕事から帰ってから単語帳やらなきゃ、と思ってしまうともうモチベーションが維持できません。だからほんのちょっとした時間にできるよう、常に単語帳は携帯します。

 

(2)覚えようと気負わない

何が何でも覚えなければと気負ってしまうと、なかなか覚えられない自分に腹が立ったり、そんな自分を情けなく感じてしまったりしてモチベーションが低下します。私の場合は「単語帳も読み物」の分類です。ただ、ふつうの小説やニュース記事とは違い、何度も何度も読みます。違うのはたったそれだけ。

 

プレッシャーをかけて、せっかくのモチベーションを潰してしまうのは自分自身です。だから気負わず、「まあ300回くらい読めばそのうち覚えるでしょ」くらいの感覚で気楽にやります。覚えてなくても落ち込みません。

 

(3)単語帳は最後から遡る

単語帳にしろ問題集参考書にしろ、最初の数ページだけやって心が折れて三日坊主…という形になりがちです。けっこう意外なのですが、単語帳を後ろから遡ると、なぜかわりと継続できます。

少なくとも私の場合は、前から順にやるともうダメで続かないのですが、後ろから遡る方式にしたことでずいぶん継続しやすくなりました。

 

理由は正直よくわかりません。ただひとつ思い当たるのは、後ろから遡ると、最初が難しく、遡るほどにだんだん易しい語が増えてくるので、なんだか自分が「めっちゃよくできる」感覚になるからかもしれません。

最初は道の語彙が大量に出てきてまったく歯が立たない場合でも、遡ればどんどん易しい語彙が出てきますから回を追うごとに知ってる単語の数が増えて楽になっていきます。

 

 

Coco流の単語暗記に向いている方

ただ、この方法、向いている方と向いていない方がいます。

向いている方というのは

  • しつこい繰り返しが嫌にならない人
  • 視覚優位な人

です。

Cocoのやり方は、同じ単語帳を50周も100周も、言ってしまえばその単語帳と心中できそうなくらいまで使い倒します。しつこい繰り返しが苦手な方には向いていません。

 

また「書いて初めて覚える」タイプの人の場合は、Cocoのようにひたすら流し読みして覚えるのは難しいかもしれません。(聴覚優位なタイプの人は、音声をひたすら聞き続けることで覚えられると思います)

 

 

旺文社の英検対策問題集とCDがひとつに【旺文社 英検ネットドリル】

 

プライバシーポリシー

お問い合わせ