Coco's Life~オンライン英会話と教育と~

オンライン英会話とか小学校教員資格認定試験とか看護学校受験とか。

小学校入学時に「クレヨン」ではなく「クレパス」を買って欲しい理由

f:id:cocodailylife:20200401212132j:plain

 

Cocoです。

もう4月ですので、あらかた新入学の準備も終わっていると思いますが、まだできてないよ!という方はこの記事を参考にしていただければと思います。

 

 

クレパスか?クレヨンか?

f:id:cocodailylife:20200602161739j:plain

 

小学校に入学するとき、事前に準備してほしいもののリストが渡されますよね。算数セットとか、はさみとかのりとか。

その中に、クレパス VS クレヨン があります。

 

クレパスと言えば、これが有名で

 

クレヨンと言えば、こっちが有名(Cocoは教員時代はこれ持ってました…絵が時間内に描き終わらない児童のお手伝いやってましたので、自分の画材は自分で持ってました)。

 

小学校の場合、だいたい「クレパス」指定です。

どっちも一緒でしょ!と思われるかもしれませんが、クレパスとクレヨンって描いたときの感触や向き不向きが異なるので、できれば「クレヨン」指定がない限りは「クレパス」を探して買うといいと思います。

 

 

クレパスとクレヨンの違い

f:id:cocodailylife:20200601193601j:plain

 

クレパスとクレヨンって何が違うねん、というと、含まれる油の多さです。

 

クレパスのほうが油が多く、なめらかですので、小学校1年生や2年生がよくやる手法である「画用紙の白いところがなくなるまで塗りつぶす」がしやすいんです。

 

一方、クレヨンは油控えめのヘルシーさん。描き味はややガリガリしていて、主に線画に向いており、「塗りつぶす」のは苦手な画材です。

 

昔働いていた小学校は、入学時の指定が「クレパスまたはクレヨン」だったので、みなさん保育園や幼稚園の頃に使っていたものを持ってきていました。

そうすると、図工課題の仕上がり具合が「クレパス」さんと「クレヨン」さんでかなり異なるんですよ。

 

「クレパス」使用の児童の作品は、ほんとに画用紙の紙の色が全く見えなくなるまで塗りたくることができるのですが、「クレヨン」使用の児童の場合はそうはいきません。

 

クレヨンで画用紙の紙の色が見えなくなるまで塗りたくろうとすると、スポンジとかティッシュとか、そういう道具で伸ばしながらやる(それでもかなりしんどい)しかないんです。

 

(ちなみに大人がアート作品を作るときに使う「パステル」という画材は、クレヨンよりもっと油が少なくサラサラしているので、そのまま描くこともできますし、削ってファンデーションのパフなんかで塗りながら描くこともできます。)

 

だから、今からあわてて道具を揃えるご家庭に言いたいのは、

 

 

クレパスを買ってください!

 

 

ということ。

個人的にはクレヨンの描き味は好きなんですけどね。

 

 

参考までに、クレパス画

クレパスはこのようにかなり細部まで丁寧に塗り込むことができます。

 

 

 

 

参考までに、クレヨン画

クレヨンは「塗りつぶし」が苦手な画材です。

 

 

こういう「線画」が得意な画材です。

 

 

 

おわりに

まだ買ってないよ!という保護者のみなさま、特に指定がなければクレパスをどうぞ。

色は12~16色あれば十分ですので。

 

 

 

 

最後に、下のバナー【日本ブログ村】を応援クリックをして頂けると大変ありがたいです。ご愛読ありがとうございました!

ブログランキング・にほんブログ村へ

プライバシーポリシー

お問い合わせ