Coco's Life

オンライン英会話とかレアジョブとか小学校教員資格認定試験とか看護学校受験とか。

フィリピン料理「シニガン」を自宅で作ってみた

Cocoです!

フィリピン旅行で出会った酸っぱいおかずスープ「シニガン」。

これがどうしても忘れられなくて、自分で作ってみよう!と思い立ちました。

スープの素さえあれば、とても簡単にできますよ!

 

 

シニガンスープの素を買う

シニガンの酸味は「タマリンド」という豆由来だそうです。この「タマリンド」が手に入らないので、シニガンスープの素を買うことにしました。

 

f:id:cocodailylife:20191103131732j:plain

 

シニガンスープの素にはいくつか種類があります。今回は「オリジナル」と「ガビ(里芋)」を購入。

1袋40グラム入りです。1袋に対し、水2リットルでスープを作ります。

もうちょっと小さいサイズのがあればいいのですが、フィリピンは大家族が普通なので、おそらく「小さいサイズ」がないのだと思います。

 

袋の裏の表示はこのようになっています。

f:id:cocodailylife:20191103132151j:plain

 

タガログ語で書かれているので、正直何が書かれているのかさっぱりわかりません。
 

 

 

 

 

シニガンの種類

シニガンは入れる具材によって様々な種類があります。

Sinigáng na Isdâ(魚が入ったシニガン)
Sinigáng na Baboy(豚肉が入ったシニガン)
Sinigáng na Hipon(エビを用いたシニガン)

などなど。

もちろん牛肉を使ってもいいし、鶏肉を使ってもいいそうです。

レアジョブの馴染みの先生は「エビ入り」が好きだとのことでしたが、エビは高かったので今回は豚肉で作ることにしました。

 

 

シニガンのレシピ

最初は以下のサイトを参考に使用と思ったのですが、このサイトのシニガンはなぜかスイカを入れています。

honestcooking.com

 

レアジョブの先生に聞いてみたところ、普通スイカは入れないよ!とのこと。いくつかレシピを紹介してくれたので、このサイトを参考にして作ることにしました。

 

panlasangpinoy.com

 

 

シニガンを作ってみた

今回はスーパーで豚バラ軟骨を買ってきました。お肉はシチュー用のカタマリを買うといいと思います。

玉ねぎをくし型に切ます。豚肉は1口大サイズに切って塩コショウします。

なべにサラダ油をしいて、玉ねぎとお肉をソテーします。生姜やニンニクを入れてもいいかも。

玉ねぎが柔らかくなったら、水を2リットル入れます。ついでに火の通りにくい野菜も入れます。今回は白菜としめじ、大根を入れていますが(冷蔵庫にあったので)じゃがいもや人参、ごぼうなどを入れるのもアリです。

 

f:id:cocodailylife:20191103133528j:plain

 

アクを取りながら煮込みます。豚だけ圧力鍋でとろとろになるまで煮るのもありかも。

シニガンスープの素を入れて全体をかき混ぜ、火の通りやすい野菜を入れます。今回はオクラと小松菜を使いました。

 

f:id:cocodailylife:20191103133759j:plain

 

味見をしながらナンプラーで味を整えます。ナンプラーがあるとコクが出ます。

きれいに盛り付けをして、できあがり。

所要時間は1時間ほど、煮込むだけなので、基本的にはカレーを作るのと同じ要領で作ることができます。

 

f:id:cocodailylife:20191103134015j:plain

 

 

シニガンはレモングラスのような強い酸味があります。酸味が苦手な場合はコンソメベースで作って、そこに半量ほどシニガンスープの素を入れれば美味しく食べられます。