Coco's Life

オンライン英会話とかレアジョブとか小学校教員資格認定試験とか看護学校受験とか。

中学高校の英語学習に関する私自身の考え

Cocoです!

今回は目次無しでだらだら書いていきます。

 

英語学習をしている中でよく見かけるのが、中学生や高校生から発せられるこの疑問。

 

中学や高校の英語はなんのためにあるの?

授業だけでネイティブとまともに会話できるようになった人を知りません。

中学高校あわせて6年も時間があるのに話せるようにならない(ならない人が多い)のは教育のプログラム自体が悪いのではないかと思います。
学校で英語を学ぶのは、いわゆる、社会に出たときに耐えられる忍耐力を勉学で養うためのトレーニングなのでしょうか。

 

うーん、まあ、気持ちはわからなくはないです。気持ちは。

でもね、私はこう考えます。

 

f:id:cocodailylife:20190912210925j:plain

 

英語をきちんと「話す」ためには語彙や文法の学習は必要

オンライン英会話はわずか2年弱、まだ英検2級と準1級の間くらいの私が言うのもおこがましいような気がしてなりませんが、私は、きちんと話すためには「語彙」と「文法」が必要だと考えています。

もちろん、単にどうにか意思疎通ができればいい、という程度のものであれば、単語だけ言ってこちらの言いたいことを相手に汲み取ってもらう方式の、出川イングリッシュでもどうにかなりますよ。

 

でも将来、例えば会社の「顔」としてどこかよその国の人と話し合ったりしなければならないときに出川イングリッシュでいいかというと、そうではないと思うんです。

大事な契約をするとき、出川イングリッシュでいいのかどうか。まあできないことはないでしょうが、ビジネスの場でそれは不適切じゃないかなあと思うわけです。

 

日本人が日本語で会話をするときでもそうですよね。

適切に敬語が使える人は、教養があってしっかりしている人、とみなされます。きちんと話せるということは、それだけ教養があり、ある意味で信用に足る人物だ、と認めてもらうための理由のひとつになりえます。そういう意味では、語彙や文法の学習というのは、外国語学習者には必須であると思います。

 

 

文法学習は英語学習の土台となる

f:id:cocodailylife:20191028104219j:plain

中学高校で習う語彙と文法というのは、いわゆる4技能の土台になる部分です。「語彙と文法」という土台の上に、「読む」「書く」「聞く」「話す」という4つの柱を建てることができるのです。

それを中学高校の間にしっかり学んでおくことで、例えば社会に出て英語が必要な状況になったときや、自力でさらなる学習をしなければならないときに、きわめて大きな力になってきます。

 

 

私自身の経験から

私はオンライン英会話を約2年続けてきました。始めた当初は英検4級レベル、今ではニュース記事を使って討論できる程度にはなりました。

ひとりで海外旅行に行っても困ることはまずありません。困っても誰かに助けを求めることができます。

 

オンライン英会話で講師から文法の間違いを訂正されることはほぼないです。なぜなら中学高校できちんと学んできたから。
講師には、成長ペースが早いのは文法が正確だからだね、と言われています。

 

ちなみに約2年の間に英会話に費やしたのは約600時間です。すべてマンツーマンレッスンです。文法と語彙がきちんと身についた上で(大学受験レベルまでは必要)、さらに英会話に600時間ほど費やすことができれば、ニュースの討論くらいならできる程度にはなりました。

 

ただこれを学校でやるのは正直無理があります。1クラス40人いるなかで、「英会話」をやったとて、得られる学びは少ないし、1人あたりが話し、それを訂正してもらう時間はほとんどないでしょう。

例えば、フィリピンのように幼稚園から現地語禁止(現地語喋ったら罰金)、学校内では英語のみ、本屋に行っても洋書だらけで日本語の書籍のほうが少ない、新聞もテレビもネットも全部英語、教科書も「国語」以外はすべて英語で書かれている、入試も「国語」以外はすべて英語で作問される、という環境に日本が変わるならば話せるようになるのではないかと。英語話せなければ生きていけないようになりますから。

 

個人的には、今の英語教育は「話す」のみに着目しすぎている気がします。言語って「話す」だけじゃない。読む、聞く、書くももちろん大切。

読むときに文法を知らなければ文意を正確に汲み取ることはできないし、書くときにも文法を知らなければ相手に正確に伝えることができません。

そういう意味では、「将来英語が必要になったときの土台を形成する」という目的で、きちんと文法と語彙を身につけること、を学生時代に行っておくことはたいへん有意義だと私自身は思っています(私自身は、学生時代の文法学習に、20年以上経ったいまになってとっても助けられていますから)。

 

 

「英語で話す」には話す中身が大切

英語を「多少話せる」状態になって感じるのは、学校などで「英語を話せる」ようにすることが重要なのではないということです。

むしろ学生の間は、日本語でかまわないので「自分の意見を根拠や具体例とともに相手に伝え、相手を説得する(話す/書く)」「明確な答えのない問題に対して論理的に考える」という訓練が必要であると考えます。

また、同時に、日本語でかまわないので教養を身につけること。これも必要です。

 

海外の人とやりとりする上で、自分の意見や理由をよく聞かれますが日本人はこれがとても苦手です。自分の意見を、理由を添えながら論理的に述べる訓練をしてきていないからです。

私が英会話を始めて最初につまずいたのは、「英語が話せない」ということよりも「自分の意見がない・意見に対する理由が見つからない」という点でした。正直なところ、オンライン英会話で伸ばしてきたのは、自身の英語力と言うよりは「英語というツールを使って明確な意思表示をする力や、根拠とともに自分の考えを述べる力」であると感じています。

 

さらに言えば、日本に関する知識、特に文化や慣習などについて、きちんと学んでおく必要があると感じます。例えば昨年、友人のフィリピン人と東京をぶらぶらしていたときに聞かれたのは「神社の鳥居はなぜ赤い?」「寺と神社の違いは?」「七五三ってなに?」「(浅草寺の常香炉で)体に煙を浴びるのはなぜ?」などと矢継ぎ早に質問されましたが、恥ずかしながら知らないことが多すぎて答えられませんでした。

 

中身のない、うすっぺらい会話であれば、1年もあればある程度は話せるようになります。でも相手とわかり合ったり、より深い会話をするためには教養が必要になってきます。そのときに必要になるのが中学高校で学ぶ英語以外の教科の知識であったり、本などから得られる知識などだったりです。

 

まずは母語である日本語で、きちんと考える習慣を身につけることが、英語学習につながっていきます。

 

 

 

最後に

私は、第二言語として学ぶ言語をきちんと文法や語彙などから覚えることが無駄だとは思いません。
正直言って文法や語彙などのインプット学習面白いとは言えないものです。ただ、こうした「土台作り」の期間にしっかりと土台をつくってきた人は、その後の学習で会話だけではなく、4技能すべてを満遍なく伸ばすことができると考えています。
中学生・高校生はまだインプットの段階かもしれません。でも大学入学後や社会人になってから、爆発的に会話力が伸びるのは、学生時代にきちんと勉強してきた人だと思います。