Coco's Life

オンライン英会話とかレアジョブとか小学校教員資格認定試験とか看護学校受験とか。

オンライン英語学習サービス「スパトレ」を今のところおすすめできない理由

オンライン英語トレーニング「スパトレ」


Cocoです!

ここでは、オンライン英語トレーニングサービス「スパトレ」を体験した率直な感想を紹介します。

オンライン英語学習サービス「スパトレ」の特徴は、市販の教材を使った音読練習がメインのサービスである、ということです。

体験レッスンは1週間ありましたが、諸事情で1回だけ体験して退会しました。

「スパトレ」は一般的なオンライン英会話と比べて価格が安いので、レアジョブ英会話を並行して利用しようと思ったのですが、率直な感想を言うと、現時点ではスパトレはおすすめすることができません。

 

おすすめできない理由は

  • システムエラーが頻発して予約が取れない
  • 登録講師がきわめて少ない
  • サイトに書かれてあることをトレーナー(講師)が行わない
  • レッスン終了後、5時間経過しないと次の予約が取れない

という点です。

 

 

システムエラーが頻発して予約が取れない

一番困ったのが、システムの不具合で予約が取れない点にありました。

登録するときはメールアドレス、SkypeのIDとクレジットカードの登録が必要です。クレジットカードを登録すると初回体験(診断)予約画面に移ることができるのですが、その予約画面に講師が出てこず、予約ができない状況になりました。

 

 

メールで問い合わせをしても返信が来なかったので、仕方なく電話してみました。

 

その後どうにか予約を取り、初回診断は無事に受けることができました。

翌日、また予約を取ろうと思い予約画面まで行きましたが、また講師を選択できず。

 

システムの不具合が解消されるまでは、少なくとも使い物になりません。予約すら取れないなら時間とお金の無駄ですから。

 

 

スパトレの初回体験に対応している講師が少ない

もう退会してしまったので具体的に講師を見ることができませんが、どうにか初回診断の予約ができるようになりました。…が、対応している講師はたったの5人。

内訳は、フィリピン女性2人、フィリピン男性2人、サウジアラビアの方が1人。

うち1人は週末のみ予約枠を開けているようで、取れません。

当日の希望時間帯に予約を取れる講師が1人もいませんでした。仕方がないので、自分の希望時間を調整して予約を入れました。

 

予約が満足にできなかった時点ですでに私の不安は最高潮だったのですが、予約時間になるのを待ちます。

 

 

 

スパトレで初回実力診断→評価

予約時間を1分過ぎてから、講師がSkypeにコールしてきました。最初に簡単な自己紹介をし、その後、実力診断で何を行うかの説明がなされ、そのあと実力診断を行います。

ところがこの実力診断、レアジョブやネイティブキャンプなどのレベルチェックとは異なり、明確に「あなたはこのレベルです」というのが出ません。なんのために実力診断を行うのか、意図がわかりませんでした。

また、スパトレのサイト内には

スパトレのサーバント型(支援型)トレーナーは50種類以上の教材の中からあなたの実力に合わせて、最適な教材・学習方法をオススメします。

https://sptr.jp/about

と書かれていますが、トレーナーから教材や学習方法の提案は一切なく、「使い方等に関しては日本人サポートを利用して聞いてください」と言われました。

 

 

 

レッスン終了後、5時間経過しないと予約が取れない

私は1日1レッスンのコースで体験登録していました。一般的なオンライン英会話では、その日のレッスンを消化すれば、すぐに翌日の予約をすることができます。

ところがスパトレでは、レッスンが終わってから5時間経過しなければ翌日の予約を取ることができません。レッスン終了後、すぐに予約をすることでサイトを頻繁に確認する手間がなくなるのですが、一定時間予約が取れないこのシステムだと、頻繁にサイトを見る必要があり、とても不便に感じました。

 

 

 

スパトレの無料体験は1日で諦めることに

実力診断の翌日に予約を入れようとしましたが、またシステムエラーで予約ができなかったため、私は7日間の無料体験を十分に活用することなく利用するのを諦めました。

2019年4月から始まった新しいサービスだとはいえ、半年経過した現在もシステムが十分に機能していません。

 

 

オンライン英語学習サービス「スパトレ」のまとめ

スパトレは2019年9月現在、システムが十分に機能していらず、とても使いづらいです。

市販の教材を使ってリピーティング、オーバーラッピング、シャドウイングを講師と行うことで話せるようにしていくというシステムはとても魅力的にうつります。もし、サイトがきちんと動き、講師数が十分に確保され、講師の教育がしっかり行える環境を整えられたら、また利用してみたいと思います。