Coco's Life~オンライン英会話と教育と~

オンライン英会話とか小学校教員資格認定試験とか看護学校受験とか。

レアジョブ・スピーキングテスト(PROGOS)の対策方法と受験時のコツ

f:id:cocodailylife:20200824161057j:plain

 

 

Cocoです!

レアジョブ英会話 では無料で月に1~2回スピーキングテストを受けることができますが、せっかくテストを受けるなら、できるだけいいスコアを狙いたいですよね。

そこで今回は、レアジョブのスピーキングテストの対策方法やテスト受験時のコツについて書いていきます。

 

 

レアジョブ・スピーキングテスト(PROGOS)の特徴

f:id:cocodailylife:20200601193601j:plain

レアジョブの新しくなったスピーキングテスト「PROGOS版」には様々な特徴があります。ここではその特徴を簡単に説明していきます。

 

スピーキングテストの特徴

  • ビジネス英語の出題であること
  • CEFRに準拠した結果が得られること
  • フィードバックシートの充実
  • 細かい学習アドバイス
  • おすすめの教材案内
  • 受験はPCからのみ

 

新しいスピーキングテスト「PROGOS版」はビジネス英語主体のスピーキングテストです。日常英会話コースにいて、普段ビジネス英語を学んでいない人からすると、正直言ってめちゃくちゃ回答しづらい、というデメリットがあります。

 

ただ、「ビジネス英語」とは言っても、大人であれば誰もが一度くらいは経験したことのあるような内容を話すようなスピーキングテストになっていますので、日常英会話コースの人でも受験して差し支えありません。ただ話し慣れていない話題について回答する必要があるので、もしかしたらスコアはやや低めに出てしまうかも知れませんが…。

 

新版スピーキングテストでは、従来のスピーキングテストと同様、CEFRに準拠したレベル表示になっています。フィードバックはかなり細かいです。AI採点だからたいしたことないだろう、と思っていると大間違いで、かなり的確なアドバイスがもらえます。

 

現在のところはパソコンからのみスピーキングテストを受けられるようになっていますので、普段スマホやタブレットで受講している方の場合は、スピーキングテストだけはPCから受けなければなりません。

 

レアジョブ英会話・スピーキングテストの内容

f:id:cocodailylife:20200602161739j:plain

レアジョブのスピーキングテストは全部で5つのパートに分かれています。

  1. Part1:インタビュー(10問)
    一問一答式で様々な質問に答えます。
    質問に的確に回答しているか、その回答の質全般を評価します。
    回答時間:各20秒

  2. Part2:音読(8問)
    文章が表示され、その文章を声に出して読みます。
    発音だけでなく、読み方から文章の理解度も評価します。
    回答時間:各10秒

  3. Part3:プレゼンテーション(1問)
    トピックを与えられ、それについて話します。「○○について触れて下さい」という条件が提示される為、それらを満たす必要があります。
    長めの説明をどのように行うか評価します。
    準備時間:40秒、回答時間:60秒

  4. Part4:グラフ・図を用いたプレゼンテーション(1問)
    テスト問題内のグラフや図を見ながら、それが示すものについて話します。
    事実をどのように提示するかを、実際のグラフ・図の説明を通して評価します。
    準備時間:40秒、回答時間:60秒

  5. Part5:ロールプレイ(4問)
    トピックを与えられ、そのトピックについて音声と会話を続けます。
    一方的な発話でなく、やりとりの発生する場での発話が評価されます。
    準備時間:40秒、回答時間:各応答につき30秒

 

スピーキングテストの所要時間はだいたい20分くらいです。

 

 

TOEICのスピーキングテストを単独で申し込むと6,800円。いっぽう、レアジョブのスピーキングテストは有料会員であれば月1~2回は無料で受験することができます

レアジョブのスピーキングテストは、もちろん公的な資格やテストのスコアとしてどこかに提出したりはできません。会員限定のテストですから。

 

でも、レアジョブでレッスンを続けるときに、自分のスピーキング能力を客観的に把握していくことは必要ですよね。だと私は考えているので、私は定期的にスピーキングテストを受けるようにしています。

 

  

レアジョブ英会話・Part別スピーキングテストの対策とコツ

f:id:cocodailylife:20200516160619j:plain

スピーキングテスト受験直前にすべきこと

スピーキングテストを受ける直前に、簡単な英文を音読したり、レアジョブのレッスンを受けたりして、頭を「英語モード」に切り替えておきましょう。

慣れていないうちは、脳が「英語モード」に切り替わるのに少し時間がかかり、うまく話せなかったりします。

最初からきちんと話せるような状況をつくっておきましょう。

 

個人的なおすすめは、お気に入りの先生とのレッスン直後です。

お気に入りの先生と話した後は、たいてい気持ちが前向きになっています。また、お気に入り先生とのレッスンによって、頭が「英語モード」に切り替わっています。

このため、個人的にはレッスン直後にスピーキングテストを受けると、わりと高い点数が出やすいと感じます。

 

Part1 インタビューの対策とコツ

全部で10問。一問一答式で様々な質問に答えます。ここはわりとビジネスっぽくない質問もいくつかあります。

最初は質問の英語がわりと易しく、ゆっくりのスピードで質問されますが、後半の問題になるにつれて質問が徐々に抽象的に、そして質問の音声スピードも速くなります。

制限時間は準備時間なしで20秒です。

 

【対策方法】

  • レアジョブのレッスンを通して、身の回りのことを説明できるようにしておく

対策としては、レアジョブのレッスンを通して、身の回りのことを説明できるような英語表現を覚えておくことをおすすめします。実用英会話教材やConversation Questionなどを通して身につけることができます。何度も繰り返しレッスンを受けて、身の回りのことを話せるようにしておきましょう。

 

【解答のコツ】

  • 自分が知っている表現や語彙を使って説明する
  • 最後まで諦めず、時間いっぱい使ってできるだけ詳しく説明する

自分が知っている語彙や表現を使って英語で説明しましょう。無理して慣れない表現を使う必要はありません。無理に使おうとすると、文法や語彙のミスが増えてしまいます。また、途中で考え込むことが多くなるので、伝えられる情報の量が少なくなってしまいます。

 

関連記事>>>

www.cocodailylife.work

www.cocodailylife.work

 

 

Part2 音読問題の対策とコツ

全8問。

8つの短い文章を音読するという問題です。読む時間はそれぞれ10秒ずつです。

 

【対策方法】

  • レアジョブの発音教材や実用英会話教材で練習する
  • 音読やオーバーラッピング、シャドーイングで読む練習をする

レアジョブには発音教材があります。発音教材を使って正しい発音を学んでおきましょう。また、実用英会話テキストやニュース教材を使うと、たくさん音読をする機会に恵まれます。

こういう教材を利用して、正しくきちんと音読ができるようにしておきましょう。

レッスンでは講師の発音をしっかり聞き、講師のお手本の音を真似しながら正しく丁寧に発音するクセをつけておきましょう。

 

【解答のコツ】

  • ゆっくり、はっきりと読むこと
  • アクセントに注意し、強弱をつけながら読むこと
  • RやV、THなどの英語特有の音に注意すること

 慣れないうちはゆっくりはっきり読みましょう。制限時間が10秒なので焦るかもしれませんが、ゆっくり、はっきりと読むことを心がけてください。単語1つ1つを丁寧に気をつけて読むことで、得点アップが期待できます。

 

日本語は音の高さで単語を判断しますが、英語は音の強弱で単語を判断します。そのため、どこを強く読めばいいか、どこを弱く読めばいいかを意識することで、英語らしい聞き取りやすい発音に近づけることができます。

 

読み上げる英文が表示されてから録音が開始されるまでに2~3秒あります。その間に文にサッと目を通し、どこで英文の意味が切れるのかを確認しておくと高得点につながります。

 

前置詞(in/on/at/fromなど)や冠詞(a/an/the)などは、英語ではかなり弱く読まれます。一方、文章中の大事な単語などはかなり強く読まれます。こういうところも意識すると、「音韻」の項目アップが期待できますよ。

 

関連記事>>>

www.cocodailylife.work

 

 

Part3 プレゼンテーション問題の対策とコツ

問題は1問。仕事に関することがらです。

課題と、触れてほしい内容の条件がいくつか提示されますので、それらに触れながら述べていきます。

準備時間は40秒、回答時間は60秒です。

 

【対策方法】

  • 実用英会話のテキストを使って短い問いに答えられる力をつける

レアジョブの実用英会話テキストを使って対策していくことができます。特に実用英会話テキストの最後にある「Challenge 2」が短問短答問題になっています。Challenge2でしっかり答えること、できるだけ長く話すことを意識してレッスンを受けることで対策できます。

 

  • ニュース記事教材のディスカッションを行う

ニュース記事教材のディスカッションでは、自分の考え、その根拠、具体例などを交えながら、自分の意見を長く述べる練習ができます。

ニュース記事のディスカッションの内容と、スピーキングテストで与えられる課題のジャンルはもちろん異なりますが、筋道立ててわかりやすく、論理的に話す力が身につきます。

 

【解答のコツ】

  • 示された条件にそって回答する

質問に対して、条件が提示されます。その条件を必ず含めて答えていきましょう。

 

  • 時間いっぱいまでできるだけ粘って喋り倒す

例えば「仕事をしていて嬉しかったこと」というテーマで、条件が「いつのことか」「どこであったか」「何があったか」だったとします。条件を踏まえながら述べても、時間が30秒くらい余ってしまうことがありますよね。

その場合、残り30秒で、例えば「同僚からも褒められた」とか「その仕事に対して自信が持てるようになった」とか、その話題に関連することがらを制限時間いっぱいまでとにかく喋り倒します。

CocoはこれまでPROGOSのスピーキングテストを2回受けています。1回目は30秒は無言、2回目は制限時間いっぱいまで喋り倒したところ、2回目のほうが結果は良かったです。

 

関連記事>>>

www.cocodailylife.work

 

 

Part4 グラフ・図を用いたプレゼンテーション問題の対策とコツ

テスト問題内のグラフや図を見ながら、それが示すものについて話します。

準備時間は40秒、回答時間は60秒です。

 

 

【対策方法】

  • 比較級・最上級の復習をしておく

グラフや表に関する説明ですから、どの項目が一番高く、どこが一番低いのか、とか、AとBではどちらがより優れているのか、などの説明がメインになります。そのため、事前に比較級や最上級、同格表現の復習(文法)をしておき、テストである程度使えるようにしておくといいでしょう。

年度ごとのグラフなどの場合は、年々増えているのか減っているのか一定なのかなどにも注目すればいいので、完了形も合わせて復習しておくといいかもしれません。

 

【解答のコツ】

  • 知っている表現を使ってシンプルに道案内する

知っている表現を上手に使って、シンプルに道案内しましょう。無理に知らない表現を使おうとすると語彙の使い方を間違えて減点されることもあります。

 

 

関連記事>>>

www.cocodailylife.work

 

 

Part5 ロールプレイ問題の対策とコツ

トピックを与えられ、そのトピックについて音声と会話を続けます。

AIと会話するような形式で進んでいきます。全4問。

準備時間:40秒、回答時間:各応答につき30秒。

準備時間の40秒は最初だけに用意されているだけです。

 

【対策方法】

  • 実用英会話の「ロールプレイ」で対策する

レアジョブの実用英会話教材には、講師と実際に会話をする台本のない「ロールプレイ」をすることがよくあります。アドリブで話さないといけないのでCocoはものすごく苦手でしたが、このロールプレイで様々なシーンを経験しておくことで、比較的回答しやすくなると思います。

 

【解答のコツ】

  • 思いついたことをとにかく制限時間いっぱいまで話す

ロールプレイのお題そのものは、誰もが経験したことのある内容ですので、日本語で解答していいならみなさん気楽に答えられるようなものです。

できるだけシンプルな表現をつかいながら、制限時間の30秒を最大限活用して、とにかくたくさん話すことを心がけてみてください。

 

関連記事>>>

www.cocodailylife.work

 

まとめ:レアジョブのスピーキングテスト 対策方法と受験のコツ

f:id:cocodailylife:20200730160100j:plain


レアジョブ英会話のスピーキングテストは、対策方法とコツを知っておくだけでも点数が変わると思います。私自身は、あくまでも自分の伸びをチェックするためにスピーキングテストを受験しているので、対策などは一切やらずに受験しては毎回撃沈していますが…。

もし、スピーキングテストを受ける方は是非参考にしてみてください!

 

スピーキングテストを受験するためには、レアジョブ英会話に入会している必要があります。入会前に無料体験レッスンと無料体験カウンセリングを受けることができます。

無料体験レッスンでは簡単なレベルチェックも実施されますし、レアジョブのレッスンを体験できるので、どんな感じでレッスンが行われるかイメージできると思います。

 

レアジョブ英会話

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

プライバシーポリシー

お問い合わせ