Coco's Life

Cocoの好きなこと(レアジョブなどのオンライン英会話・旅行)の情報や仕事に関すること(家庭教師、塾、勉強法、看護学校受験)などを元教員の視点で語っています。

英会話上達のために英作文をおすすめする理由と英作文の方法

f:id:cocodailylife:20181228184910j:plain

 

Cocoです!

英会話を一生懸命いしているけれど、伸び悩んでいるという方は多いはず。

実際、私もときどき伸び悩みを感じて苦しい思いをすることがあります。 

そんな伸び悩みを解消する方法のひとつが「英作文」です。

そこで今回は、英会話上達のために英作文をおすすめする理由について書いていきます。

 

 

英会話は「英作文」の連続で成り立っている

英語を話すことと書くことは全く正反対のこと、思うかもしれません。でも実は、話すことと書くことはとても密接な関係があります。

もちろん日本語では普段意識することはありません。ネイティブだから。でも、会話をするということは、文章を作って口から出すということです。

つまり会話中は、頭の中でちょっと考えられないくらいのスピードで文章を組み立てて、それを口にして話しているのです。

 

ネイティブ言語は生まれてからずっと使い続けてきているので、意識しなくてもそれが可能です。ところが英語になると、すばやく英文を組み立てることができません。

だから「あぁ~、ええとぉ~、うぅ~ん」と情けない「つなぎ言葉」から始まり、どうにか言いたいことを伝えようとするものの、結局口から出てきた言葉はめちゃくちゃで、何を言っているのかわからなくなってしまいます。

 

頭の中でぱぱっと文章を組み立てられるようになれば、スムーズな英会話が成り立ちます。

英作文の練習をたくさんすれば、英文を組み立てることに慣れることができます。それを続けていくと、会話するときもスムーズに英語が口から出てくるようになってきます。

また、しっかりとした内容を話していれば、相手は少々発音が悪くてもちゃんと聞いてくれます。そのために、英作文をしてしっかりと文章を組み立てる練習をしましょう。

 

 

これなら簡単!自力で英作文する方法

(1)簡単な日本語に置き換えてみる

英作文を始めたばかりの方は「ネイティブ言語をそのまま英語にしようとする」ので、うまく英作文ができなくて挫折してしまいます。

そこで、まずは思いついた日本語を「日本人の幼児にでもわかるレベル」にまで、簡単な日本語に置き換えて英作文ができないかを考えます。あるいは、修飾語句を極力とっぱらって、シンプルな文章に変えてしまいます。

例えば、昼食にボンゴレパスタとレタスのサラダを食べたなら、そのまま英文にするのではなく、「昼食にボンゴレパスタとレタスのサラダを食べた」と言わずに「昼食にパスタとサラダを食べた」と簡略化してしまいます。こうすることで英文はぐっと書きやすくなります。

この前レアジョブで馴染みの講師と話していたとき、ちょうど講師の飼っている猫が発情期を迎えていて夜中うるさくて仕方がない、という話をしていました。講師は私の英語力を把握しているので、「猫が発情期を迎えていて夜中うるさくて仕方がない」とは言わず、「猫が夜中うるさくて眠れない、なぜなら猫が恋人を探しているから」とうまい具合に言い換えていました。

これでも相手が言いたいことは十分伝わりますし、「猫が恋人を探している」で発情期だということも理解できます。「発情期」なんて言葉を知らなくても、言い回しを工夫することでいくらでも自分の言いたいことに「限りなく近い」ことを話すことができます。

まずはこうして、できるだけ簡単な日本語に置き換えて英作文ができないかを考える癖をつけましょう。

 

(2)意見・理由・具体例(経験)の3文構成で考える

英会話を長く続けてきて感じますが、講師は頻繁にWhy?と理由を尋ねてきます。日本では自分の意見に対して理由を添えながら話すことはあまりありませんが、海外では意見と理由は必ずセットになっているようです。

この前ツイッターで見かけて面白いなと思ったのは、おもちゃ売り場でダダをこねる子どもの違いでした。日本の子どもはダダをこねるとき、「これ買って~!」とひたすらゴネますが、英語圏の子どもは買ってほしい理由を親に説明するそうです。

相手に自分の意見を通すためには理由が不可欠です。だから英作文をする上でも、意見と理由を1セットで考えて作文をしていきましょう。

可能であれば具体例(自分の経験など)を添えることで、さらに説得力が増す文になります。

 

(3)参考書やwebサイトを利用する

翻訳サイトはあまりあてにならないのでGoogle翻訳の英文を丸写し、というのは避けたいところですが、できるだけ正確な文章にするために、参考書やwebサイトを検索しながら言いたいことを適切な表現で表すことができるようにしていくことをおすすめします。

私がよく使うのはDMM英会話の「なんてu know」です。自然な英文が多いのが特長です。

 

関連記事>>> 

www.cocodailylife.work

 

 

英作文の添削はどうするか?問題の解決方法

(1)オンライン英会話で添削を依頼する

私はもっぱらオンライン英会話で添削をお願いしています。普段はニュース教材を使っているので、その意見文は英作文しています。私の場合は口頭で英作文した英文を述べ、講師に訂正をもらう形を取っています。

英検のライティング対策や日記・エッセーを書いたときなどは、講師に英文をタイプして送って、それを添削してもらう形を取っています。

 

(2)Hello Talkを利用する

スマホで利用できる言語交換アプリ「Hello Talk」を使うことで、英語圏の利用者が英文を添削してくれます。添削をしてくれるのは英語ネイティブのアメリカ・イギリスの人たちや、インドやフィリピンなど、日常的に英語を使う方です。ただいわゆる「英語の先生」ではないため、ときどき間違った添削になることもあります。

 

 

(3)ベストティーチャーを利用する

オンライン英会話のひとつ、「ベストティーチャー」は、ライティング主体のオンライン英会話です。ライティングのお題を自分で選び、それについて英作文をすることでライティングが鍛えられます。また、自分が書いた英文は講師によって添削されて返ってきますので、添削された英文を音読して口になじませたあと、講師と英会話レッスンで使っていくようなスタイルです。

 

ベストティーチャーの特徴は

  • スピーキングとライティングが両方学べる
  • 自分が考えた英文を先生に添削してもらえる
  • すべてマンツーマンレッスン
  • ライティングレッスンとスカイプレッスン

などです。

このような特徴のオンライン英会話は他にはありません。英作文を鍛え、かつ英会話も頑張りたい方にはおすすめのオンライン英会話スクールです。

 

WritingとSpeakingを両方学びたいならベストティーチャー(Best Teacher)