Coco's Life

オンライン英会話とかレアジョブとか小学校教員資格認定試験とか看護学校受験とか。

【洋書多読】セブにある刑務所の「踊る囚人」に興味をもった件

f:id:cocodailylife:20190605174445j:plain

 

Cocoです!

私はオンライン英会話以外に、Netflixで海外ドラマを見たり、洋書を読んだりしています。

今回は洋書を読んでいて興味を惹かれたことについて書いていきます。

 

 

いま読んでいる洋書

Cocoがいま読んでいるのは、”Amazing World News”という本です。

NHK出版が出しているので、正確には”洋書”と言えるか微妙なラインですが…。

英語で書かれています。

 

著者はBrian Powle氏。

日本に長く滞在しており、日本の大学で英語を教えている方です。

この方の本は、実体験をもとにしたエッセーが多いです。

”Amazing World News”もエッセーです。

 

短編エッセー集のようなつくりで、1話あたりだいたい1000語程度の英文になっています。

それを30話程度まとめて1冊の本にしています。

作中で使われている語彙や文法、表現は比較的易しく感じます。

英検2級程度のリーディング能力があれば、辞書なしでも充分楽しむことができます。

また、英語学習者のための洋書なので、難しい表現や語彙については巻末に注釈があるのも大きな特徴です。

注釈を参照しながら読み進めていくこともできます。 

Brian Powle's Amazing World News

Brian Powle's Amazing World News

 

 

Cocoは以前、Powle氏の”My Humorous Japan”を購入して読みました。

”Amazing World News”は、”My Humorous Japan”よりもやや難しく感じます。

”My Humorous Japan”はPowle氏が日本に滞在しているときの面白い体験について綴られています。

My Humorous Japan

My Humorous Japan

 

 

私は小説よりもエッセーやコラム、ニュース記事などを好んで読む傾向があります。

これらのジャンルは、語彙や表現だけではなく、自分の知らないことを知ることができるからです。

また、小説と比較して起承転結がはっきりしているので英語初学者には読みやすいからです。

 

 

Cebu's dancing prisoners

”Amazing World News”の1話目のタイトルが”Cebu's dancing prisoners”です。

そもそもこの本を買ってきたのが、目次の1話目のタイトルに惹かれたからなんです。

セブってフィリピンの地名です。

踊る囚人って何?どういうこと?

…面白そうなので買って読んでみよう。

で購入しました。

 

 

セブの踊る囚人

エッセーによると、セブのある刑務所が、受刑者たちにダンスをさせるようになったとのこと。

それまでは刑務所内での暴力だのなんだののいざこざが多く、問題となっていました。

ところが、受刑者たちにダンスをさせるようになってから、こうした問題が激減したとのこと。

生きる意味や希望を見失っていた受刑者たちは、ダンスをするようになってから生きる意味や希望を見出し始めたそうです。

なんだか映画化できそうな内容です。

 

さらにエッセーにはこんなことが書かれています。

「受刑者のダンスの様子はYoutubeで見られるよ」

おお!見たい見たい!

 

…探しました。

 

 


CEBU DANCING INMATES: UPTOWN FUNK BY BRUNO MARS

 


Philippine Prison - Dancing Inmates 2010 Tribute to Michael Jackson.flv

 

 


cpdrc dancing behind bars " billie jean " 2011

 

なにこれめっちゃ楽しそう…。

 

こんなものも。


Algorithm March with Prisoners

 

ちなみに受刑者によるダンスはツアーとして申し込めば観光客が見ることもできるようです。

ちょっと古い情報なので、今もやっているかどうかはわかりませんが…。