Coco's Life

Cocoの好きなこと(レアジョブなどのオンライン英会話・旅行)の情報や仕事に関すること(家庭教師、塾、勉強法、看護学校受験)などを元教員の視点で語っています。

そもそもなぜ私がオンライン英会話を始めたのかという話

f:id:cocodailylife:20190406102700j:plain

 

そもそも、なぜ私がオンライン英会話を始めたのかと言うと、その理由はいくつかあります。

 

 

理由その1:大学入試でのスピーキングテスト導入

私はそもそも塾屋で、普段は小学生だの中学生だの高校生だの大人だの(最高齢52歳くらいかなあ)まで、とにかく「勉強が必要」と思っている人に対して、彼らの勉強を支援する仕事をしているわけです。

当然、センター試験廃止によって「共通テスト」とかいうなんだかあまり意味のなさそうな試験が導入されるらしい、ということも知ってます。

国が4技能4技能とあまりにうるさいので、大学入試の英語でスピーキングテストが課されるらしい、という情報も耳に入ってきました。

(なんで英語だけやねん、どうせなら国語も4技能にしろよ、理科も机上の「お勉強」だけじゃなくて理科実験の技能を試験に取り入れろよ、とかいろいろ考えたりもしていましたが、これは気が向いたら別記事で書くことにします)

 

とにかくスピーキングテストが課されるらしい、じゃあどのくらいスピーキング練習に費やせば「ある程度話せる」ところまで持っていけるのか?という興味からオンライン英会話をやってみようと思ったわけです。

要は人体実験。好奇心旺盛なので私。

 

自分の生徒にやらせて統計取っていくのもありだと思いましたが、まずは自分がやってみないことには、生徒が何に詰まり、何で苦しみ、そういうときに自分がどうサポートしたらいいかわからないし、どのくらいの期間頑張ればどのくらいできるようになるのかなどの目安を提示することもできないので、自分を実験台にしようと思い立ったわけです。

 

 

理由その2:ネット環境が整った(遅)

私は基本的に自分の塾でオンライン英会話を受けているのですが、それまではPocket Wi-Fiを使っていました。私が使っていたPocket Wi-Fiは7GB制限になっており、月末になると通信制限に引っかかってろくにネットが使えない状況でした。

2017年の末にPocket Wi-FiをやめてSoftBank Airに切り替えたため、通信制限に怯えることなくネットが使えるようになったこともあり、オンライン英会話をしようと思い立ちました。

 

SobtBankAirってこれね。雨降ると回線遅くなるのがちょっと残念ですが、まあ今のところはどうにか問題なく使えてます。Neiflixもふつうに見ることできます。

 

 

 

理由その3:夫が英語できるのに私が英語できないのがちょっと悔しかった

もしかしたらこれが一番大きい理由かもしれません。私の夫は一応高校の英語教員で、今はとある私立の中学高校で働いています。どうもそこではAll Englishで授業を行わなければいけないらしく。

そもそも夫は英米文学科卒業で、それなりに英語話せるのがちょっと悔しかったわけです。私はぜんっぜん話せないので。

 

だから近所の英会話教室に通うことも考えてたんです。イギリスのネイティブ2人が講師のところ。でもそこ、めちゃくちゃ人気で、塾の生徒でそこに通っている子に聞いてみたら「入会希望者が多くて、確か半年待ちとか1年待ちとかです~。あれ?もっとかなあ?」と。

 

うん。そんなに待ってたらおばちゃんたぶん英会話やる前に棺桶に入っちゃうわ。

 

鉄は熱いうちに打て!とはよく言ったもので、やってみたいなと思ったときに始めないとその熱はすぐどこかにいってしまうわけです。

それが嫌だったので、入会待ちだのなんだののしがらみがないオンライン英会話を即検討しました。何より毎日話せて安いし。

だってそこの英会話教室、週1回60分のレッスン、4名のグループ指導で月謝8,000円。単純計算で1レッスンで自分の話せる時間は15分。月60分しか話せないわけです。それで8,000円。

でもオンライン英会話なら毎日25分話して6,000円。月にたった3回のレッスンを受けただけで、英会話教室に通う以上のリターンを得られるわけです。

 

オンライン英会話、やるしかないでしょ。

 

 

で、「オンライン英会話」で検索かけて、最初に出てきたのがレアジョブだったという、実にくだらない理由でレアジョブ選びました。レアジョブ以外の体験はしなかったし、他と比較したりもしませんでした。だってどこで受けてもどうせ変わらないし。登録している講師によって差があるのはわかってたので。

 

やってみて気に入らなければほかのオンライン英会話に乗り換えるか、英会話教室に通おうと思ってました。

 

レアジョブの無料体験を2回やって、本入会して3回目のレッスンで、私がヘビロテしているお気に入り先生に「たまたま」出会えたのはほんとに運が良かったと思ってます。彼がいなかったら私はさっさとレアジョブ辞めてたかもしれないので。

 

実際、ネイティブキャンプとかDMM英会話とかhanasoとかいろいろオンライン英会話の無料体験は(レアジョブのレッスンを受けながら)やってたわけですけど、彼を超える存在には出会えなかったんですよ。だから私はいまもレアジョブを続けているわけです。

 

ちなみにヘビロテしているその先生を選んだときは、

  • 自己紹介の英文が辞書なしで読めた
  • 自己紹介音声がクリアで聞き取りやすかった
  • たまたま私が取りたい枠が空いていた

こんな理由で選びました。

 

自己紹介の英文が平易な英語で書かれてるんです。小難しい言い回しや語彙で書いてる先生もいる中で、この先生の自己紹介文は簡潔で、高校初級レベルの英語で十分理解できるものでした。ああこの先生は初心者に配慮してくれそうだなと思って指名したわけです。

 

実際のレッスンでは喋るのめちゃくちゃ速いし「もっとゆっくり話して」と言ってもゆっくりにならないしドSだったんですけど。