Coco's Life

オンライン英会話とかレアジョブとか小学校教員資格認定試験とか看護学校受験とか。

小学校教員資格認定試験は廃止になるという噂の真相

f:id:cocodailylife:20190406102700j:plain

 

Cocoです!

この記事では、小学校教員資格認定試験が休止・廃止になるという噂について書きます。

 

 

小学校教員資格認定試験は休止・廃止になるの?

結論から書きますが、小学校教員資格認定試験は当面の間は休止や廃止にはなりません。安心して受験対策をしてください。

 

 

そもそも、なぜ休止・廃止の噂の経緯

廃止の噂の経緯(1)始まりは中教審

もう10年も前の話になりますが、平成21年5月の中央教育審議会で、

現在実施している3種類の教員資格認定試験のうち、「小学校教員資格認定試験」について当分の間、休止とすること(休止開始時期:3~5年後から)。

という案が出たのが、そもそものきっかけです。

この休止案が出た理由は、

  • 通信制も含め、小学校の教員免許を取得できる大学が相当増え、大学で教員養成ができる環境が整ってきた。

  • 現役学生の受験者数が増加する一方、社会人受験者の合格者数は著しく減少している。

  • 平成16年の国立大学法人化以後、現行の試験実施大学も含め、試験実施のための組織体制の維持が困難になってきている。

という点が挙げられました。

 

実際、もっと昔には「高校の教員資格認定試験」が存在していました。

ところが、高校の教員資格認定試験は「平成16年度から当分の間休止」というアナウンスが事前になされ、平成16年以降は高等学校教員資格認定試験は実施されていません。

これが事実上の「廃止」となったことから、小学校教員資格認定試験も同様に廃止されるのではないかという噂が根強く残りました。

 

参考:小学校教員資格認定試験の見直しについて:文部科学省

 

廃止の噂の経緯(2)パブリックコメントの結果

f:id:cocodailylife:20190115194413j:plain

 

平成23年の中教審。その前(平成21年)にパブリックコメントを求め、以下のような結果を得られています。

  • 存続すべき:11件
  • 休止すべき:2件

…パブリックコメント少なすぎやしませんか…。

 

【存続すべき派の意見】

  • 社会人が通信大学を受講し、スクリーングや教育実習を受けるのは難しい。
  • 一度社会に出てから教員を志したという新しい風を入れることが、子供のためになる。
  • 社会人経験のある教員が現場に入ることは、子供がより多様な価値観の中で育つことになる。

【休止派の意見】

  • 通信制や大学で相当数の人が小学校の教員免許を取得できる状態。
  • 教員養成ができる環境が整ってきた。

 

参考:資料10 小学校教員資格認定試験の休止に関するパブリックコメントの結果について:文部科学省

 

さらにこのときの中教審において、過去の小学校教員資格認定試験の合格者数や合格率などのデータも出されています。

 

小学校教員資格認定試験応募者及び合格者数の職業別推移等(1)

小学校教員資格認定試験応募者及び合格者数の職業別推移等(2)

 

 

廃止の噂の経緯(3)中教審の判断

で、結局どうなったかというと、平成23年1月の中央教育審議会において、

【山下教職員課長】  
 (前略)平成21年5月18日ということでしたが、その際、小学校教員資格認定試験につきまして、このペーパーの2にございますように、当分の間休止をしたいという方針をお諮りしたわけでございます。しかしながら、実は、この小学校教員資格認定試験につきまして、その次、資料10ですけれども、パブリックコメントを実施させていただいたところ、存続をすべきだというご意見が一定数ございました。
 (中略)実はその事業仕分けの場で教員資格認定試験は大変必要なものであるというご指摘を複数いただきまして、ぜひ存続しなさいということになってしまいまして、この教員資格認定試験につきましては平成22年度予算に所要額を計上をしなさいということで、22年度実施をさせていただいたところです。
 (中略)
 以上のような推移を経た上で、私どもといたしましては、この小学校の教員資格認定試験につきまして、当面引き続き実施させていただくことにしたいということで、平成23年度予算案にも所要額を計上させていただいているところです。
 (後略)

 

ぜひ存続しなさいということになってしまいまして

…この言い方だと、明らかに廃止したかったんでしょうね、これ…

 

とにかく、パブリックコメント13件のうち、11件が「存続すべき」という意見だったこともあり、小学校教員資格認定試験の休止は見送られることになりました。

 

参考:教員養成部会(第61回) 議事録:文部科学省

 

 

将来的に小学校教員資格認定試験は休止されるのか?

f:id:cocodailylife:20190226165216j:plain

 

平成23年の段階で小学校教員資格認定試験の「休止」案は廃止となり、その後も試験はずっと実施されています。

また、令和元年からは教員資格認定試験の管轄が文科省から教職員支援機構へと移管されたことから、今後も継続して実施されるはずです。

 

ただ一つ懸念事項があります。

それは、年々、受験者数が減少していること。

受験者数が明らかに減ってしまうと、小学校教員資格認定試験を実施する意味ないと判断されてしまう可能性があります。

 

 

まとめ

以上から、過去には小学校教員資格認定試験を休止(事実上の廃止)しようとする動きもありましたが、平成23年の段階で休止案は見送られることになりました。

また、小学校教員資格認定試験は教職員支援機構に管轄が移管されたことから、当面の間は試験が実施されます。

 

なお、高校の教員資格認定試験が休止になったときは、その数年前から事前にアナウンスがなされていました。

このことから、「昨年までは実施したけど、今年からはやりません」というように、突然廃止になる可能性は低いと考えられます。

 

働きながら大卒資格や教員免許を取得したいあなたにオススメの通信制大学!