Coco's Life

Cocoの好きなこと(レアジョブなどのオンライン英会話・旅行)の情報や仕事に関すること(家庭教師、塾、勉強法、看護学校受験)などを元教員の視点で語っています。

オンライン英会話の効果を実感するまでにかかる時間

 

 Cocoです!

 

この記事では、オンライン英会話の効果を実感するまでにかかる時間について書きます。

オンライン英会話をはじめるにあたって、様々な悩みがありますよね。

そのなかのひとつが「どのくらいの頑張れば、効果を実感できるのか」という点です。

今回は私の体験をもとに書いていきます。参考にしてくださいね。

 

 

 

はじめに

Cocoは2018年1月からレアジョブ英会話 でオンライン英会話をはじめました。

2019年4月末までに、レッスンは約780回、合計390時間ほど行いました。

 

この全期間を通して、私のスピーキング能力を見ると

 

f:id:cocodailylife:20190502162912j:plain

 

レベルで言えば、英会話のレッスンを始めてから1年でレベルは2つ上がっています。

レアジョブのレベルがピンとこないと思うので、レベルの目安を以下に書きました。

 

レベル3

CEFR-JでA1.3、英検3級程度
自分に関係することについて聞かれたとき、簡単な内容なら答えられる

 

レベル5

CEFR-JでA2.2、英検準2級程度
好きな音楽、スポーツについて話せる。昨日あったことについて会話できる。

 

レベル6

CEFR-JでB1.1、英検2級程度
興味のあることについて自分の意見を言ったり、相手の話を聞いたりして、長い会話が続く。

 

馴染みの講師からはレベル6~7程度、と言われています。

実際、最近は、ひとつのテーマについて、意見を言ったり、講師に質問をしたりしてかなり長い会話ができるようになっています。

私自身の体感としてはレベル6相当かなというところですが、レアジョブのスピーキングテストだと緊張してうまく話せなかったりして、今のところはレベル5の判定になっています。

 

レアジョブのスピーキングテストでは300点満点でスコアが出ます。

スコアを見ると以下のような状況になっています。

 

f:id:cocodailylife:20190502164105j:plain

スコアは1年で約30ポイント伸びています。

 

 

 

オンライン英会話を始めたばかりのとき

Cocoがオンライン英会話を始めたばかりのときは、

 

先生:Hi, Yoko-san! How are you today?

私 :えええええ…ええと、I'm good.

 

みたいな感じで、最初の挨拶でさえも緊張してしどろもどろになっていました。

 

実際、講師からの質問の内容は(ゆっくり話してくれるので)理解できるのですが、

  • 自分で文を組み立てられない
  • 適切な単語を見つけられない

という状態でした。

 

例えば、

 

先生:What did you have for lunch?

私 :ええ…あー…I eat ...あ、ちがう、I ate ...んー、ちがう、What did
   you have だから… I had ...ええと、pasta. 

 

 みたいな話し方しかできませんでした。

 

 

4ヶ月後(2018年4月)あたりのスピーキング

英会話のレッスン数は100回程度、レッスン時間は50時間程度です。

 

この頃になると、

  • 外国人と話すことに慣れている
  • 単語のみ、フレーズのみでどうにか意思疎通ができる

という状態になっていました。

 

ただ、まだ自分で即座に英文を組み立てることができないので、1文を話すのにかなりの時間が必要でしたし、言いかけたことを一旦引っ込めて言い直す、ということも頻繁に起こっていました。

 

f:id:cocodailylife:20181228184910j:plain

 

 

9ヶ月後(2018年9月)あたりのスピーキング

英会話のレッスンは350回程度、レッスン時間は通算175時間程度です。

 

この頃の私は、

  • 短文を複数使うことでどうにか言いたいことを表現できる
  • 中学で学ぶ英単語はある程度使いこなせる

という状態でした。

 

そこまで時間をかけずに、どうにか短文を作ることはできるようにはなりましたが、まだ修飾語句を使いこなせなかったり、不規則動詞の過去形がスッと出てこず言葉に詰まったり、という状態でした。

 

レッスンしている本人は、この時期まではほとんど自分の成長を実感できていませんでした。

 

やってもやっても伸びている実感がなく、一番つらかった時期です。

 

この時期には、顔なじみの講師に

「私の英語、全然よくなってない!!」

と泣きながら訴えて講師を困らせたこともあるくらいです。

 

 

13ヶ月後(2019年1月)のスピーキング

英会話のレッスンは550回程度、レッスン時間は通算275時間程度です。

 

この頃の私は

  • 修飾語を使った長い文をどうにか話せるようになる
  • 高校英語の基礎的な語彙を使うことができる

という状態でした。

 

一方で、話すまでにかなり長い時間考え込まなければならなかったり、途中で修飾語を入れながら話すので「つなぎ言葉」が多くなったりして、講師につなぎ言葉をへらすよう何度も注意を受けています。

 

この頃になると、夫(高校英語教員)から、

「お、まともに英語で意思疎通できるようになってんじゃん」

と言われるようになりました。

 

 

f:id:cocodailylife:20190502110116j:plain


 

15ヶ月後(2019年3月)のスピーキング

英会話のレッスンは700回、レッスン時間は通算350時間程度です。

 

この頃になると、

  • 関係代名詞を使った文を話せるようになる
  • 完了形をきちんと使えるようになる

という変化がありました。

 

ただ相変わらず「つなぎ言葉」が多く、頭の中で英文を組み立てながら話していたので、質問を受けてから話し始めるまでにかなりタイムラグがありました。

 

 

17ヶ月後(2019年5月)のスピーキング

英会話のレッスンは800回、レッスン時間は通算400時間です。

 

この頃になると、

  • 日本語を介さず英文を組み立てられる
  • 会話のレスポンスが急激に速くなる
  • つなぎ言葉が減る
  • 仮定法を使った表現がどうにかできる

という状態になっています。

 

質問を受けたら、頭の中で日本語に翻訳し、日本語で回答を考え、英語に翻訳し直してから話す、というのがこれまでの会話のやりかたでした。

ところがこの時期になると、英語のまま質問を理解し、回答をイメージし、そのイメージを元に話す、ということができるようになってきました。

イメージをそのまま英語にして、自然に口から英語を出せるようになってきたため、会話のレスポンスが急に速くなりました。

 

オンライン英会話を始めたときと比べて、明らかに変わった!と自分自身が感じたのはこの頃です。

 

 

 

 

 一方で、語彙が少なく意見に説得力をもたせられなかったり、抽象的な話題になるとまったく話せなくなるなどの問題もあります。

 

 

f:id:cocodailylife:20190114222623j:plain

 

 

まとめ

一言で表すならば、

 

英会話の習得にはものすごく時間がかかります。

 

オンライン英会話を始めてからこれまでを振り返ってみたので、その時点でできるようになったことを書き出すことができていますが、当時の自分はほんとうに「成長している」という実感が全くありませんでした。

 

1ヶ月やそこらやったくらいで変化を感じられないのは当たり前です。

私が変化を感じたのはつい最近、通算800回(400時間)を迎えたあたりですから。

 

これからオンライン英会話を始める方は、まずは200レッスン(100時間)を目標に頑張ってみてください。

そして、200レッスンが終わるころに、最初の頃の自分と今の自分とを比べてみて下さい。