Coco's Life

Cocoの好きなこと(レアジョブなどのオンライン英会話・旅行)の情報や仕事に関すること(家庭教師、塾、勉強法、看護学校受験)などを元教員の視点で語っています。

個人契約家庭教師の費用の相場はどのくらい?プロ家庭教師が答えるよ

f:id:cocodailylife:20181229134506j:plain

こんにちは!Cocoです!

 

家庭教師を依頼したいけれど、費用を安くおさえたい。

そんなときに使えるのが「個人契約」です。

では個人契約で家庭教師を依頼する場合、どのくらいの費用がかかるのか?

今回は個人契約家庭教師の費用相場について紹介します。

 

 

 

個人契約の仲介サイトを使う場合、仲介手数料が必要

個人契約で家庭教師を探す場合、仲介サイトを利用する方が多いです。

 

関連記事>>>

個人契約で家庭教師を探すのはどうしたらいいの?3つの探し方を紹介します

 

そして仲介サイトを使う場合、そのサイトに「仲介手数料」を支払う必要があります。

仲介手数料はサイトによって異なりますが、おおよそ5,000円~10,000円程度です。

気に入った先生を見つけたら、サイトに先生情報の開示請求をし、サイト運営者に仲介手数料を振り込みます。

 

そうすると、気に入った先生の連絡先などの情報を入手することができます。

 

 

家庭教師の指導料の相場はどのくらい?

先生の学歴や指導歴、指導内容の難易度、居住地域によって差はありますが、おおよその目安として以下の金額を参考にするといいと思います。

 

1.学生講師・兼業の社会人講師の場合

小学生(非受験):時給1500~2000円

小学生(中学受験):時給2000~3000円

中学生(非受験):時給1500~2000円

中学生’(受験生/中高一貫):時給2000~3000円

高校生(非受験):時給2000~3000円

高校生(受験生):時給2500~4000円

 

2.プロの講師の場合

小学生(非受験):時給3000円~

小学生(中学受験):時給4000円~

中学生(非受験):時給3000円~

中学生’(受験生/中高一貫):時給4000円~

高校生:時給4000円~

プロの講師の場合、時給が10,000円を超える講師も珍しくありません。

 

3.Cocoの場合

指導条件にもよりますが、私の場合はだいたい以下のような時給設定をしています。

小学生(非受験):時給2000円

小学生(中学受験):非対応

中学生(公立中学):時給2000円

中学生’(中高一貫):時給2500~3000円

高校生(非受験):時給3000円

高校生(受験生):時給4000円

 

私の場合は最低ラインが2000円。2000円以下の案件は受けません。

あとは指導の難易度を勘案して時給設定をしています。

 

 

家庭教師の交通費はどうするの?

基本的に交通費は実費を家庭側に請求をします。

私は自家用車で生徒宅に伺いますが、その場合は自宅から生徒宅までの距離を計測し、1kmあたり15円で交通費を算定します。

 

例えば、自宅から片道20kmの家庭に家庭教師に行く場合は、

15円✕20km✕2=600円

というように計算します。

 

公共交通機関を利用する場合は、その運賃を家庭に請求します。

 

 

 

指導にかかる費用の例

以下は、全てCocoのケースですが参考として挙げておきます。

私は原則として、授業のたびに(つまり毎回)指導料をいただく形をとっていますが、今回は比較しやすいように1ヶ月(4週間)あたりで算定します。

 

1.中学3年生、Aさんの場合

Aさん宅までは片道10km、指導は1回2時間、週2回指導の契約です。

 

指導料:2,000円✕2時間✕2回✕4週=32,000円

交通費:15円✕10km✕2✕2回✕4週=2,400円

合計:32,000+2,400円=34,400円/月

 

2.浪人生、Bさんの場合

Bさん宅までは片道5km、指導は1回3時間、週1回指導の契約です。

 

指導料:4,000円✕3時間✕1回✕4週=48,000円

交通費:15円✕5km✕2✕1回✕4週=600円

合計:48,000+600円=48,600円/月

 

3.小学校低学年、Cさんの場合

Cさん宅までは徒歩10分、指導は1回1時間、週1回指導の契約です。

 

指導料:2,000円✕1時間✕1回✕4週=8,000円

交通費:近所(徒歩圏内)のため無料

合計:8,000円

※Cocoは小学校中学年以上の生徒については60分指導はしていません。

 

 

その他にかかる費用

必要に応じて、市販の問題集や参考書、家庭教師の先生によっては1冊1500円程度の塾用教材などを家庭に購入してもらうことがあります。

これも先生によりますが、指導のために用意したプリント代を請求する先生もいます。プリント代はだいたい月500円程度ですむと思います。

 

 

まとめ

個人契約で家庭教師を依頼する場合は、先生側の時給設定や指導の難易度によっても相場が変わりますが、なんとなくどのくらいの費用が必要なのかはつかんでいただけたと思います。

家庭教師センターを経由すると、この金額は倍近くになりますので、個人契約で家庭教師を探すと、家庭の経済的な負担はずっと軽くなります。