Coco's Life

Cocoの好きなこと(レアジョブなどのオンライン英会話・旅行)の情報や仕事に関すること(家庭教師、塾、勉強法、看護学校受験)などを元教員の視点で語っています。

個人契約で家庭教師を探す3つ方法

f:id:cocodailylife:20190115164427j:plain

Cocoです!

個人契約で家庭教師を探したいけれど、どうやって探したらいいかわからない…

今回はそんなお悩みについて、「個人契約の家庭教師の探し方」を説明します!

 

 

個人契約を仲介してくれるサイトを利用する

家庭教師を個人契約する場合、最も多いのが「仲介サイトを利用する」というパターンです。仲介サイトには、例えば以下のようなサイトがあります。

このようなサイトには、個人で生徒さんを募集している家庭教師の先生が多く登録しています。このような仲介サイトで「家庭教師の募集」を行うと、早く先生を見つけることができます。

 

「先生一覧」から気に入った先生がいれば、直接指名するということもできますし、掲示板に募集情報を掲載してもらって、先生からの応募を待つ、ということもできます。

 

なお、この場合、仲介業者から家庭教師の先生の連絡先をもらう際に紹介料(1万円未満程度)が必要になることが多いです。

サイトの利用規約をよく確認した上で、使うようにしてください。

 

関連記事はこちら>>>

【家庭教師】個人契約サイトで家庭教師を探すときに注意すべきこと

 

 

近隣の大学に家庭教師の求人を出す

近隣に大学があれば、大学に連絡をして個人で家庭教師の求人を出すことができる場合もあります。

たとえば、愛知教育大学の場合は、学生へのアルバイト依頼について|愛知教育大学というページに家庭からの求人受付について書かれています。

 

大学によっては家庭からのこのような求人に対応していないところもありますが、近隣に大学があるなら問い合わせてみるのも一つの方法です。

 

 

家庭教師の先生が運営しているサイトから申し込む

家庭教師の先生(主に家庭教師が専業の先生)はたいてい、自分が運営しているWebサイトを持っています。そのようなサイトを探して、直接先生に家庭教師を依頼するということもできます。

 

「○○市 家庭教師 個人」などのキーワードで検索をすると、個人で家庭教師をしている先生のサイトに行き着くことができます。

そのようなサイトには、多くの場合、現在生徒を募集しているかどうかや、空いている曜日や時間、指導料、指導方針などの詳細が書かれています。

まずは個人の先生のサイトに書かれていることをしっかり読み、納得できるようならそのサイトから直接家庭教師の依頼を申し込みするといいでしょう。

 

 

まとめ

個人契約で家庭教師をしている先生はとても多いです。

個人契約の仲介サイトを利用している先生が多いですが、中には自分の家庭教師募集サイトを持っている方もいますし、大学などに求人を出して先生を探す方法もあります。

 

様々な方法がありますので、いくつかを組み合わせて使ってみて、先生を探すといいですよ。そうするとより早く、いい先生に巡り会えるはずです。