Coco's Life

Cocoの好きなこと(レアジョブなどのオンライン英会話・旅行)の情報や仕事に関すること(家庭教師、塾、勉強法、看護学校受験)などを元教員の視点で語っています。

小学校教員資格認定試験・一次試験の「小学校全科」攻略法

f:id:cocodailylife:20190117205706j:plain

 

Cocoです!

この記事では、小学校教員資格認定試験の一次試験にある「小学校全科」の試験対策について紹介します。

 

 

一次試験の小学校全科は選択制

小学校教員資格認定試験の一次試験で課される「小学校全科」というのは、各教科の試験のことです。各教科というのは具体的には

  • 国語
  • 算数
  • 理科
  • 社会
  • 音楽
  • 図工
  • 体育
  • 家庭
  • 生活
  • 外国語(英語)

の合計10科目を指します。

でも、この10科目すべて受験する必要はありません。この中から6科目を出願のときに選択して受験します。

 

 

「小学校全科」試験問題の構成

「小学校全科」は、1科目あたり20問(1問5点)の問題があります。

科目にもよるのですが、「体育」を除けばおおよそ以下のような構成の試験になっています。 

  • 前半10問…学習指導要領や学習指導要領解説に関する内容
  • 後半10問…各科目の一般常識問題(高卒レベル)

 

「体育」だけは、20問のほとんどが「学習指導要領」「学習指導要領解説」からの出題、という構成になっているので、ちょっと異色の存在です。

 

 

選択科目を決める前に過去問を解こう

まず、選択科目を決める前に、過去問を解くことをおすすめします。

平成30年度教員資格認定試験問題|NITS 独立行政法人教職員支援機構

このように、教職員支援機構のwebサイトに、過去5年間の過去問と解答があります。

 

もちろん、これから「学習指導要領」「学習指導要領解説」を覚えていくので、前半の10問は解かなくても問題ありません。
後半10問でどれだけ点が取れそうかを調べるために、過去問を解いてください。

時間が許せば、全科目、5年分の後半10問を解きましょう。

 

 

過去問を解いたら平均点を出そう

過去問を5年分解き終えたら、その平均点を出します。
そして、平均点の高かった順、自分自身が「解きやすい」と感じた科目から順に選択科目を決定していきます。(二次試験で使う科目はかならず選択してください)

 

 

平均点の高い順に科目を選択する理由

平均点の高かった順に科目を選択すると、より効率よく試験対策ができます。

小学校全科は、6科目の合計点数が6割以上で合格です。6科目の合計が600点満点、そのうち6割ですから360点で合格です。

 

平均点の高かった科目は、「学習指導要領」「学習指導要領解説」を少しだけ覚えれば、合格ラインに達する科目です。例えば、「算数」の後半だけで8問正解(40点)できる場合、前半は4問正解(20点)でも大丈夫なんです。

後半の問題で得点できる科目を選択すれば、そこまで必死に「学習指導要領」や「学習指導要領解説」を覚えなくても合格ラインに達するんです。
ということは、勉強時間も少なくすみますし、効率よく対策できますよね。

また、後半の問題で点が高い科目は、「学習指導要領」「学習指導要領解説」をしっかり覚えれば、高得点が狙える、ということでもあります。

 

この試験は、6科目の合計が360点以上であれば合格です。例えば、2科目がそれぞれ90点、残り4科目がそれぞれ45点でも、合計すれば360点になるので合格できます。

この方針を使うと、高得点が狙えそうな教科をメインで勉強し、残りの教科は必要最低限の勉強ですみます。つまり、この方法も、効率よく学習を進め、合格に近づきやすくなる方法です。

 

 

過去問を解いたが点数が低すぎる場合

とはいえ、常識問題はどの科目もさっぱりわからない、という方もいます。そのような場合は、「学習指導要領」「学習指導要領解説」を中心にコツコツ覚えていきましょう。

前半の問題でしっかり点が取れれば、後半は多少点を落としても充分カバーできます。何が出題されるかわからない「後半」の対策をするよりも、出題範囲がほぼ決まっている「前半」をしっかり対策することで、効率よく点数につなげることができます。

 

 

使用する問題集や参考書

東京アカデミーの問題集や参考書を使っている方が多いですが、基本的には自分自身が「使いやすそうだ」と思った問題集・参考書を使うといいです。

 

私は学習指導要領・学習指導要領解説と、

システムノート 小学校全科ランナー (教員採用試験シリーズ)

これだけ覚える 教員採用試験小学校全科 ’20年版

の2冊を軸にして勉強していましたが、他の問題集や参考書でもかまいません。

 

システムノート 小学校全科ランナー (教員採用試験シリーズ)

システムノート 小学校全科ランナー (教員採用試験シリーズ)

 

 

これだけ覚える 教員採用試験小学校全科 ’20年版

これだけ覚える 教員採用試験小学校全科 ’20年版

 

 

 

まとめ

小学校教員資格認定試験の一次試験、小学校全科の対策は、

  1. 過去問を解く
  2. 受験科目の決定
  3. 学習指導要領・学習指導要領解説の勉強

という順で行うと効率よく勉強が進みます。

 

この記事が、今年受験する方の参考になることを願っています。