Coco's Life

オンライン英会話レビューと、旅行ネタや塾講師ネタなど仕事にまつわる体験談を元教員の視点で語るブログ。

効率よく休息するにはどうすればいいのか?

Cocoです!

 

新学期が始まって、新しいクラスに慣れることが必要だったり、長い時間の部活動もあったりで、少し疲れている生徒さんが多いはず。

 

でも、新学期だからいいスタートを切りたい。

今年こそ(笑)ちゃんと勉強したい!

 

そういう思いを持っている方も多いはず。

そこで今回は、効率の良い休息のとり方について書いていきます!

 


目次はこちら

 

 

なぜ休息が必要なのか?

勉強にしろ部活動にしろ、効率よく「休む」ことはとっても大事なことです。

なぜかというと、適度な休息を取らないと、疲れがたまりますよね。

疲れがたまると、

  • 集中力が下がる
  • ケガや病気をしやすくなる

というデメリットが生じやすくなるからです。

 

集中力が下がると、勉強でも部活動でも、いい結果を残すことができなくなります。

集中力が下がることによってケガをしやすくなったり、疲れから風邪を引いたり熱が出たり、体調が悪くなったりします。

 

だから適度な休息は必要です。

 

ただ、塾の生徒たちを見ていると、朝は部活に行き、そのあと授業を受け、夕方にまた部活。それから塾で勉強…。

塾をやっていてこんなことを言うと本末転倒ですが、

「あなたいつ休んでるの??」

と心配になるような生徒も多いです。

 

中学生や高校生は、大人が思う以上に時間に追われた生活をしていますよね。

そうすると、休みたいけど休む時間をうまく取れない。

こんな状態になってしまいます。

 

 

そんなときは、これから述べていく方法をぜひ取り入れてみてください。

 

 

休息によって集中力を高める2つの方法

休息で集中力を高める方法は2つあります。

  1. 体の疲れを取る方法
  2. 心の疲れを取る方法

です。

この2つを上手く組み合わせて、効率よく体と心を休ませてあげましょう。

 

1.体の疲れを取る方法

一番簡単なのは「寝る」ことです。大事なことは「しっかり寝る」ということ。うたた寝はダメ。「しっかり」眠れないので。

 

質の良い睡眠をしっかり取ることで、同じ睡眠時間でも疲れがとれやすくなります。

 

・明るさを調整しよう

f:id:cocodailylife:20190411182750j:plain

しっかり眠るためには、部屋の明るさを調整することが必要です。

光が入らないよう、カーテンを閉めて、できるだけ真っ暗にします。

暗くなると、「メラトニン」という睡眠ホルモンが分泌されます。このメラトニンが質の良い眠りを導いてくれます。

 

・寝るための準備時間を確保しよう

質の良い睡眠を取るために、寝るための準備時間を確保しましょう。

寝る前の30分程度は、スマホやテレビを見ないようにします。

また、部屋の照明を少し暗くして、メラトニンが出やすい環境を作ります。

 

・トイレ対策をしよう

寝ているときにトイレに行きたくなることありますよね。

途中で起きてトイレに行くと、睡眠の質が下がります。

寝る2時間前からは、飲み物を飲みすぎないようにして、朝までぐっすり眠れるような準備をしましょう。

また、寝る前にトイレを済ませておくのも一つの方法です。

 

2.心の疲れを取る方法

ストレスがたまると、だんだんと心が疲れてきます。

心が疲れると、集中力がなくなったり、ぼーっとしてしまったり、とても小さなことで涙が出るようになってしまったりします。

 

体が疲れたとき、人は「疲れていること」を自分で認識できますが、心の疲れはなかなか気づかないんです。

心が疲れ切ってしまうと「うつ」などになるので、定期的に心の疲れを取ることが大切です。

 

・相談相手を見つけよう

自分の悩みや愚痴を、文句を言わずに聞いてくれる人を見つけましょう。

そしてその相談相手に、定期的に話を聞いてもらいます。

 

・しっかり遊ぼう

遊ぶことも大切です。

遊ぶ内容は、自分の好きなことでいいです。

一人でゲームをしてもいいですし、友達とテニスやサッカーをして体を動かすのもいいです。友達と買い物に行ったり、テーマパークに行くのもひとつの方法です。

部活が好きなら、部活を頑張る、というのもいいです。

 

自分が「楽しい」と思える時間を作りましょう。

 

・瞑想してみよう

目を閉じて、何も考えない時間を作ってみましょう。

お風呂の中でもいいですし、寝る前の準備に瞑想を取り入れるのもいいです。

朝起きてから瞑想をするというのもありです。

 

ひとりになれる時間を作り、 目を閉じて、何も考えない時間を3分取ります。

瞑想の間は、息を深く吐きながら呼吸するといいですよ。

 

 

まとめ

大人も子どもも、時間に追われた生活を送っていますよね。

時間に追われた生活を続けていると、どうしても体や心が疲れてしまいます。

だからこそ、「休息を取る」ということを意識することが必要です。

 

ぜひ1週間試してみてください。

少しずつ楽になってきますよ。

この記事が少しでも、いま疲れているあなたの役に立てたなら、Cocoはとても嬉しいです。