Coco's Life

オンライン英会話とかレアジョブとか小学校教員資格認定試験とか看護学校受験とか。

TOEIC対策用単語帳「金のセンテンス」を購入して感じたこと

Cocoです。

TOEICという英語の資格試験ではおなじみの単語帳「金のフレーズ」。

TOEIC会場に行くと、たいていの方がこれで単語の最終チェックを行っています。

私も、「金のフレーズ」は旧版と新版、そして「金フレ」よりも易しい単語を掲載した「銀のフレーズ」は持っています。

ただ、「金フレ」「銀フレ」は1単語につき短いフレーズが1つあるので、とにかく覚えるのが大変でした。

今回「金のセンテンス」なる単語帳が新たに出たので、購入してみました。

そのレビューをしていきます。

 

 

「金のセンテンス」の特徴

f:id:cocodailylife:20190225105711j:plain

見た目はこんな本です。「金フレ」とほぼ一緒。

  

 

f:id:cocodailylife:20190225105947j:plain

 

今までの「金フレ」「銀フレ」は1単語に短いフレーズが1つ掲載されていました。

今回発売された「金のセンテンス」は、1つの例文に、新出単語や熟語が2~6語程度掲載されているという、いわゆる「Duo形式」の単語帳です。

また、「金フレ」の掲載語数は1000語でしたが、「金のセンテンス」は1500語と、「金フレ」掲載語の他に500語が追加になっています。

 

「金のセンテンス」は500語追加になっているからか、「金フレ」よりやや厚い仕上がりになっています。

とはいえ、持ち運びできるいつものサイズなので、大丈夫。

 

 

オンラインTOEIC模試の決定版

 

「金のセンテンス」と「クイックマスター」を比較すると

f:id:cocodailylife:20190125213020j:plain
f:id:cocodailylife:20190225105947j:plain

今まで使っていた「クイックマスター(写真左)と「金のセンテンス」(写真右)を比較すると。

どちらも1例文に新出単語がいくつか、という作りですが、やはり「クイックマスター」のほうが紙面が詰まっておらず読みやすいです。

「クイックマスター」の掲載数は200例文、600語なのに対し、「金のセンテンス」は360例文、1500語。

「金のセンテンス」のほうが情報量は多くなっています。

 

個人的には、「金のセンテンス」は1ページに1例文+語彙、という構成のほうが、紙面が見やすくよかったなあと思いますが、いかんせん1500語+360例文をコンパクトに掲載しようと思うと、どうしてもこのような紙面構成になってしまうのでしょうね。

 

 

関連記事はこちら>>>

「TOEICやたらと出る英単語クイックマスター」の単語を丸暗記してみたよ

 

 

「金のセンテンス」の音声は?

「金のセンテンス」の音声は、「朝日新聞出版 最新刊行物:書籍:TOEIC L&R TEST 出る単特急 金のセンテンス」からダウンロードできます。

  • 英文のみを読み上げる【英語版】

  • 和訳と英文を交互に読み上げる【日英版】

  • 「和訳⇒英文⇒単語⇒英文」の順に読み上げる【基礎版】

の3種類の音声があるので、好みや目的に応じてダウンロードして使うことができます。

 

 

「金のセンテンス」はこんな人におすすめ

「金のセンテンス」は、

 

  • Duo式(例文+進出語彙)タイプの単語帳が好き

  • 「金フレ」を使い倒してもう覚えることがない

  • 例文音読、暗唱によって単語をまるごと覚えてしまうのが好き

 

という方に向いている単語帳です。

 

私自身はDuo式の単語帳が好みなので、これから「金のセンテンス」を使って地道に単語を覚えていきます。

また、「金のセンテンス」を含む「金フレ」シリーズは、TOEICでは鉄板の単語帳です。

すでも「金フレ」を持っている方も、新しく買い足して覚えれば、TOEICでいい結果が出せるはずですよ!

 

TOEIC L&R TEST 出る単特急 金のセンテンス (TOEIC TEST 特急シリーズ)

TOEIC L&R TEST 出る単特急 金のセンテンス (TOEIC TEST 特急シリーズ)