Coco's Life

オンライン英会話とかレアジョブとか小学校教員資格認定試験とか看護学校受験とか。

家庭教師を契約するメリットとデメリット

こんにちは!Cocoです!

集団指導より個別指導の塾が最近増えていますが、家庭教師から学習指導を受ける、というのも選択肢のひとつに入りますよね。

私自身が家庭教師の「先生」として週末は活動しています。

でも、家庭教師って家に来てもらわなきゃならないんでしょう?塾のほうがいいかしら、と悩んでいる保護者さん、生徒さんはきっと多いはず。

今回はそのような方のために、家庭教師のメリットとデメリットについて、家庭教師の先生目線で書いていきます。

 

 

家庭教師のメリット

1.マンツーマンの指導がうけることができる

f:id:cocodailylife:20190115164427j:plain

家庭教師を依頼する場合、家庭側が望まない限りは完全マンツーマン指導になります。だから契約している時間は、先生はたった1人の生徒のためだけに動くことになります。

個別指導の塾の場合、「個別指導」とうたっていても、多くは先生1人につき、生徒は2~3人います。例えば90分の授業で3人の生徒を受け持つ先生の場合、生徒1人にかけられる時間は単純計算で30分しかありません。

 

家庭教師の場合は、家庭側が望まない限りは完全マンツーマン指導です。90分の指導時間なら、その90分はあなたひとりがその先生を独占できます。

 

2.オーダーメイドのカリキュラム

塾には「カリキュラム」があります。カリキュラムというのは学習計画のこと。だいたいどこの塾でも「今月はこの単元を学習する」などの計画があります。

そしてそのカリキュラムは、学校の学習進度に沿うものになっています。(一部の進学塾では、学校の進度は一切無視して、とにかく先取りさせる独自カリキュラム制をとっているところもあります)

塾の講師はいわゆる「雇われの身」なので、上のエライ人から指示されたカリキュラムの通りに学習をすすめさせなければなりません。

したがって、ときどき、「生徒の置かれている状況を無視してカリキュラムを進めるしかない」という状況に陥ることがあります。

 

こうなってしまうと、一番不幸なのは、通っている生徒さんです。せっかく学校の勉強についていけないなどの理由で、学力をあげるため、成績を伸ばすために塾に通っているのに、そこでも「カリキュラム重視」で置いてけぼりにされてしまうのです。

 

家庭教師の場合、個人契約でも業者経由でも、その先生が生徒の状況と希望を考慮して、カリキュラムを組んでいきます。例えば私の場合は、生徒さんの志望校を確認し、志望校に合格するレベルに達するには、何を、どのくらいの分量行えばいいのかを生徒さんと話し合いながら決めていきます。

生徒にとって、本当に必要なことをピンポイントで、可能な限り最短距離で。

これを意識してカリキュラムを組めるのが家庭教師です。

 

 

3.塾に通う手間が省ける

塾の場合は、自分から塾に歩いていったり、自転車だったり、保護者の送迎だったりによって通う必要があります。

家庭教師は、基本的には先生が生徒の自宅まで来てくれるので、「通う」という手間が省けます。

特に毎日忙しい保護者にとっては、子どもの送迎をしなくてもよい、という点はとても大きなメリットです。

もちろん、どうしても自宅に先生を呼びたくない、という場合は、自宅以外の場所、例えばカフェやファミリーレストランなどで指導が可能な場合もあります。

 

 

家庭教師のデメリット

1.集団指導塾と比較すると費用が高い

家庭教師はマンンツーマン指導ですので、集団指導や個別指導(先生1:生徒3など)の塾に比べると、どうしても費用が高くなってしまいます。

特にプロの家庭教師と呼ばれるベテランの先生では、1時間あたりの指導料が1万円を超えることも少なくありません。

 

2.競争相手がいないので孤独な学習になりがち

家庭教師はマンツーマン指導です。集団指導のように「誰かと競争する」ということができません。

そのため、他の受験生たちがどのような勉強をしているのか、どのくらい伸びているのか、対して自分はどうなのか、という比較が難しいという欠点があります。

また、自宅での指導になることから、生徒自身が「だらけてしまう」という状態になってしまうこともあります。

 

3.先生への依存度が高くなる

家庭教師との相性が合わなかったり、力不足の先生にあたってしまったとき、ひとりの先生に頼ることは大きなデメリットとなります。

個別指導の塾では講師を変えることも可能ですが、家庭教師の場合は講師を変えるにしても手続きが面倒ですので(特に個人契約の場合は)、そこは塾と比べると大きなデメリットになりうるといえます。

 

 

まとめ

今回は家庭教師を契約するメリットとデメリットについて書きました。

私自身は「家庭教師」というシステムはとても優れていると考えます。

先生を独り占めできるので、先生にたくさん質問をすることによって、先生の持っている知識を自分のものに変えることができるからです。

マンツーマンならではのきめ細やかな指導ができるのも家庭教師ならではです。

塾に通わせようか悩んでいる方は、一度家庭教師もぜひ検討してみてくださいね。

 

 

家庭教師に関しては、こちらの記事も参考になります。

 

www.cocodailylife.work

www.cocodailylife.work