Coco's Life

オンライン英会話とかレアジョブとか小学校教員資格認定試験とか看護学校受験とか。

「受け身」でも大丈夫!英会話初心者・初級者が心がけるべきこと

こんにちは!Cocoです!

よく、オンライン英会話のレビューブログなんかを見ていると、「レッスン中は受け身ではダメ!」なんてことが書かれていますよね。

実際のところ、「受け身」だと学べる量に限りが出てきてしまいますし、短いレッスン時間を充実させるには「受け身」ではだめ、というのはわかります。

ただ、初心者・初級者にとって「積極的」にレッスンを受けるというのはとても過酷なことです。

今回は私の実体験をもとに、オンライン英会話初心者・初級者がレッスンで心がけるべきことについて書いていきます。

 

 

 

「レッスンは積極的に」は気にしない!

f:id:cocodailylife:20190103164356j:plain

オンライン英会話のレビューブログを見ていると、よく書かれているのは

  • レッスンは積極的に受けよう
  • どんどん質問しよう

といったことです。

もちろん中級者以上になると、これらをやっていかないと、充実したレッスンにはなりません。

でも、初心者・初級者の段階で「レッスンを積極的に受ける」「どんどん質問する」というのはほぼ不可能です。少なくとも、私には無理でした。

 

なぜなら、初心者や初級者の場合、

  • そもそも質問文を作るのが困難
  • 講師の解説(英語)が聞き取れない、理解できない

という状況にしばしば陥るからです。

 

質問したいことがあっても、どう言えば伝わるのかわからない。

講師は教えてくれたけど、講師が何を言っているのかわからない。

 

これでは、質問する意味はないですよね?

だから、初心者・初級者の間は、講師に積極的に質問できなくてもいいんです。それを気にする必要はないんです。

 

そのうち、いくらでも質問できるようになりますから!

 

 

予習・復習はしっかりと

初心者や初級者がレッスンを充実させるためには、予習・復習は必須です。

関連記事>>>

レアジョブレッスンの予習・復習方法。どうやってノートを取っているの?

 

講師に質問することがまだ難しい状態ですので、予習の段階では

  • テキスト内のわからない語彙は辞書で調べておく
  • テキストを何度も音読しておく
  • テキストに出てくる文法を、市販の参考書等で先に学んでおく
  • 演習問題を先に解いておく
  • (英作文できる場合)質問したいことを英作文しておく

などの準備が欠かせません。

私は予習に30分から1時間程度をかけていましたが、場合によってはもっと念入りに予習を行ってもいいと思います。

また、復習では、

  • テキスト内のわからなかった語彙
  • テキストの音読
  • 演習問題の解き直し
  • 市販の参考書等で文法の演習
  • 講師に訂正された文の音読

などをしっかり行います。

復習には、レッスン時間の2~3倍くらいの時間をかけて、しっかり入念に行います。

 

つまり1レッスンにつき、

予習:30分~1時間

レッスン:30分

復習:1時間~1時間半

で、レッスン時間を含めて合計2~3時間程度を確保するようにしておきます。

 

 

文法学習と語彙の増強は並行して行う

英語を話すには、文法が必要です。

日本語は、例えば

  • 私は昨日レストランでピザを食べた
  • 昨日レストランで私はピザを食べた
  • レストランでピザを昨日私は食べた

など、語順が異なっても意味が通じる言語です。(なぜなら「て・に・を・は」などの助詞があるから)

ところが、英語は、どの言葉をどの場所に置かなければ行けないかが決まっています。

  • I ate pasta.

は通じますが、

  • Pasta ate I.
  • Ate I pasta.

は通じません。

こうした「英単語の並べ方」を学ぶのが文法です。

 

文法の勉強って、正直あまりおもしろくはありません。ひたすら覚える単純作業。

しかも、参考書を読んでもなんだかわかりにくい。

確かにそうなのですが、「伝わる英語」を身につけるためには文法学習は必須です。

また、初心者・初級者の段階では、オンライン英会話の講師に文法の説明をされても

  • そもそも文法用語がわからない
  • 質問ができない
  • 講師の言っていることが理解できない(聞き取れない)

という問題があるので、日本語で書かれた市販の問題集や参考書、日本人の塾講師がアップしているYoutubeの文法解説動画などを使って学習を進めていきましょう。

 

同時に、語彙も増やしていきます。

理想的なのは、英会話のテキストで出てきた単語や、市販の問題集などに出てきた単語から優先的に覚えていくこと。

こうすると、新しく単語帳を買って学習する必要がないので、負担が少なく済みます。

発音がわからないときは、Google翻訳やWeblio辞書を使えば、単語の音声を聞くことができます。

 

もし英作文ができるようであれば、新しく覚えた単語や文法を使って、自分で英作文をしてみましょう。速く確実に語彙や文法が身につきます。

 

 

英会話初心者が心がけること:まとめ

初心者や初級者が、講師に質問することができない、というのは当たり前のことです。

英会話をずっと続けていれば、いつか必ずできるようになります。

まだ初心者なのだから、話せない、聞き取れないは当たり前のことなんです。

それはあなただけではありません。いま英語がペラペラ話せる人も、最初はみんなそうでした。

 

大事なことは、結果を焦らないことです。英会話の学習は、長期間続けてナンボの世界です。

あなたが今できることを、少しずつ、確実にやっていきましょう。

半年後、1年後には、かなり話せるようになっているはずですから。