Coco's Life

Coco's Life

オンライン英会話レビューと、旅行ネタや塾講師ネタなど仕事にまつわる体験談を元教員の視点で語るブログ。

「講師メモ」をうまく活用することでレッスンが捗るよ!【レアジョブ】

スポンサーリンク

こんにちは!Cocoです。

 

オンライン英会話を長く続けていると、たくさんの講師と出会います。

毎日誰かと話しをしているので、一度レッスンを受けたことのある講師でも、少し時間が経てば、どんな先生だったか忘れてしまいます。

 

そんなときに活用できるのが「講師メモ」です。

今回は、Coco流の「講師メモ」の使い方について書いていきます。

 

目次はこちら

 

関連記事はこちら

 

www.cocodailylife.work

 

レアジョブの「講師メモ」とはどんな機能?

f:id:cocodailylife:20181229160227j:plain

 

レアジョブ英会話 には「講師メモ」という機能があります。

講師についてのことを、自分(生徒)がメモしておくときに使えます。 

 

f:id:cocodailylife:20190209143738j:plain

レアジョブの講師選択画面はこのようになっています。

講師の写真の下、自己紹介の上に「講師メモ」の欄があります。

このメモは自分のみが閲覧可能で、講師も、他の生徒も見ることができません。

 

一度受講した講師でも、時間が経ってしまうとどのような講師だったか忘れてしまいます。

だから私は、お気に入り登録をしなかった講師については、できるだけ「講師メモ」に一言書いて残しておくようにしています。

 

 

講師メモに書く内容…日付を入力しよう

私ができるだけ書くように心がけているのは「日付」です。

 

というのは、講師のプロフィールページには、自分がこの講師と何回レッスンをしたか、最後にレッスンを受けたのはいつか、という情報は残りますが、他の情報は残らないからです。

他の情報を得たい場合は「レッスン履歴」を参照するしかありません。

 

ところが、レッスン履歴はcsvファイルなどで一括してダウンロードすることもできません。

検索窓もないので、検索することもできません。

複数回受講したことのある講師については、膨大なレッスン履歴の中から、ひとつひとつ手作業で探していくしかないんです。

 

これが面倒なので、私はできるだけ「受講した日付」を講師メモに残すようにしています。(とはいえ、よく書き忘れてしまいますが)

 

 

講師メモに書く内容…率直な思いを書いておこう

講師メモは自分だけが見ることができるもので、他の誰にも見られることはありません。

だから私の場合は、その講師に自分がどんな感情を抱いたか、レッスンを通してどう思ったのかをかなり率直に書いています。

 

これから6人分のレッスンメモを挙げますが、このような感じです。

だいたい不満な点を書いています。

f:id:cocodailylife:20190209144555j:plain

 

自分とは合わない先生はきっぱり「合わない」と書いておかないと、次もまたうっかり同じ講師を指名してしまう可能性があります。

 

非表示講師に登録するというのも一つの手ですが、非表示にできる講師の数は限られているので、私はめったに非表示にはしません。

 

そのかわりに、この「講師メモ」を活用しています。

 

その他には、例えば

  • とても厳しい。気分が落ちているときは取らないこと
  • 学術的な話題はNG(教養がない)
  • 文法が怪しい
  • 発音いまいち
  • 講師と発音をめぐって喧嘩した

などと講師メモに書き込んでいることもあります。

 

レアジョブで講師メモを活用するメリット

講師メモを残して置くベストなタイミング。

それはレッスンを受けた直後です。

時間が経つと忘れてしまいますので。

 

簡単なメモ書き程度でもいいので残しておけば、時間が経ってからも思い出せます。

仮に思い出せなくても「過去の自分がこう書いているから、おそらく○○な先生なのだろう」と推測できます。

 

「講師メモ」を活用することによって、お気に入りには入れなかったけれど、またレッスンを受講してもいいと思える先生と、そうでない先生を区別することができます。

 

「講師メモ」活用のまとめ

おそらく、レアジョブに限らずどこのオンライン英会話でも、このようなメモがあると思います。

このような講師に関するメモをうまく活用することで、一度受けていまいちだった講師を再度指名する必要がなくなります。

 

つまり、自分の時間を無駄にすることがなくなる、がっかりする確率が減る、ということです。ぜひ「講師メモ」を有効に活用して、充実したレッスンにしてくださいね。

 

 

プライバシーポリシー

お問い合わせ