Coco's Life

Cocoの好きなこと(レアジョブなどのオンライン英会話・旅行)の情報や仕事に関すること(家庭教師、塾、勉強法、看護学校受験)などを元教員の視点で語っています。

フィリピン旅行に行ってきたよ【ボホール島編】

こんにちは!Cocoです!

 

クラブツーリズム のフィリピン旅行2日目はボホール島でした!

写真たくさんあげたかったのですが、どうも大半を破棄してしまったようで、よりによって大事な写真がないという…。

 

とりあえず旅行の様子を書いていきたいと思います。

 

目次はこちら

 

関連記事はこちら

 

www.cocodailylife.work

www.cocodailylife.work

 

フィリピン旅行:高速船でボホール島へ

とりあえずバスに乗り込んで、フェリー乗り場まで行きました。フェリー乗り場激混み。すごい人でした。

フェリーで2時間ほどで、ボホール島に到着します。

 

フェリー乗り場で身体検査を受けました。

ペットボトル持ち込み禁止、という看板が事前に出ていたので、検査員に素直にペットボトル出して募集してもらおうと思ったのですが、なぜか検査員にシッシッ(いいからさっさと行きなさい、の意)されました。

このへん、ほんと謎です。

 

さらに、身体検査時、うっかり腕時計外すの忘れて、金属探知機に引っかかったんですよ。なのに検査員、特に検査することもなく「いいからさっさと行きなさい」のジェスチャー。

私の後ろに並んでいた中国人(と思われる)女性も、私と全く同じ条件で金属探知機に引っかかっていたのですが、その女性はものすごく厳重な身体検査を受けてました…。

やっぱりフィリピンってよくわかりません。謎。

 

ともあれ、高速船に乗り込んでボホールまで。所要時間は2時間ほど。

船員さんは出発までの待ち時間の間、手持ちのiPodをスピーカーにつないでBGMをかけてくれてました。

その配慮は嬉しいけど、それ、著作権とか大丈夫なの…?笑

 

船内には大きなテレビがあって、映画を流してくれていました。

でも英語なのでさっぱりわからず。

しかもその映画も、おそらく船員さんの私物のiPhoneか何かから放映していた様子。

 

f:id:cocodailylife:20190120182303j:plain

ちなみに船の中は中国語が飛び交っていました。

中国人率高すぎ。

f:id:cocodailylife:20190120182433j:plain

 

フィリピン旅行:ボホール島のバクラヨン教会

ボホールはのんびりした田舎町です。セブにはジープニーがたくさん走っていたけれど、ボホールの交通機関はトライシクルが主のようでした。

 

バクラヨン教会。サンゴで作られた教会だそうです。

また、フィリピンで最も古い教会のひとつだとか。

f:id:cocodailylife:20190120183336j:plain

 

教会の隣には、元学校?現学校?の建物があります。

f:id:cocodailylife:20190120183422j:plain

 

 

教会内部は荘厳な雰囲気でした。

葬儀のミサがまもなく始まるとのことで、退散。

フィリピンの葬儀では、参列者は白い服を身にまといます。

f:id:cocodailylife:20190120183501j:plain

 

 

 

フィリピン旅行:ロボック川のジャングルクルーズ

教会を後にして、ロボック川へ。ここではジャングルクルーズが楽しめます。

船で川下りの風景と、食事と、バンドの生演奏を楽しめます。

 

川の色はなぜか翡翠のような色になってました。

藻が繁殖しているのか、それとも汚染されているのかよくわかりませんが、ちょっと水は濁ってます。

 

f:id:cocodailylife:20190120183746j:plain

 

 

ここでもビュッフェ形式でフィリピン料理をいただきます。あとビール。

お肉や魚介類はとても美味しいのですが、写真の中の野菜たちがあまり美味しくない。

なんというか大味で、ただひたすら繊維をかじっている感じでした。

 

f:id:cocodailylife:20190120183846j:plain

 

フィリピン旅行:チョコレートヒルズとターシャ

お腹が満たされたので、再びバスに乗って、今度はチョコレートヒルズとターシャを見に行きます。

 

チョコレート・ヒルズ。

石灰岩でできているそうです。とにかくボコボコと丘?山?が無数にあります。

乾季に行くと草が枯れて茶色くなるので、チョコレートのように見えるそうです。

f:id:cocodailylife:20190120184518j:plain

 

続いてターシャ。

世界最小のサルだそうです。メガネザルの仲間。

夜行性なので基本的に寝てます。動きません。

f:id:cocodailylife:20190120184603j:plain

 

 

ボホール島での観光を終えて、再びフェリーで帰りますが、出港時間になってもフェリーが来ません。ひたすら暑い待合室で特に何をするでもなく1時間半ほど待って、ようやく高速船が来たので乗り込みます。

セブに戻ってきた頃には、あたりは真っ暗でした。

 

以上、2日目終わり。