Coco's Life

Coco's Life

オンライン英会話レビューと、旅行ネタや塾講師ネタなど仕事にまつわる体験談を元教員の視点で語るブログ。

【レアジョブ】スピーキングテストを受けてみたよ(3回目)

スポンサーリンク

こんにちは!Cocoです。

 

レアジョブ英会話 を受講して1年が経ちました。

まさかこんなサボり癖のある私が1年も英会話を続けられるなんて正直思っていませんでした。

1年経てばこのくらい話せるようになるよ!というデータを取るためと、自分の学習計画の進捗確認のために、不定期でスピーキングテストを受験しています。

 

今回はその3回目の結果をお送りしたいと思います!

 

目次はこちら

 

関連記事>>>

【レアジョブ】スピーキングテストを受けてみた(1回目)

【レアジョブ】スピーキングテストを受けてみた(2回目)

 

スピーキングテスト2回目から3回目までに行っていたこと

スピーキングテストの2回目は9月に受験していました。

 

11月にTOEICを受験する予定だったので、11月の半ばまではひたすらレアジョブのTOEIC初級教材を使っていました。

正直な話、全200単元を2ヶ月で終わらせるのはけっこうきつかったのです。

でも、私の場合はとにかくテキストをどんどん進めたほうが飽きないので、復習そっちのけでとにかくテキストを消化することを優先しました。

 

結論から言えば、リスニングの能力はそこまで目立った上昇は見られなかったのですが、語彙は格段に増えましたし(単語帳もやってましたが)、リーディング、特に長文の読解スピードはかなり上がりました。

 

TOEICの受験を終えてからは、会話中心のレッスンに戻しました。

日常会話中級教材に加えて、実用英会話レベル4の2周目、実用英会話レベル4終了後は旅行会話テキストを使っています。

 

 

スランプ中、レアジョブ講師に泣きながら相談したことも

TOEIC受験が11月半ば。

11月下旬、会話教材に戻して間もなく、私は壁にぶちあたっていました。

TOEIC教材であれだけインプットをして、実際リーディングには顕著な成果が出ているにもかかわらず、スピーキングの技能は全く伸びていないと”私自身は”思っていたからです。

 

あれだけ語彙を増やしたはずなのに、会話中で使えない。

あれだけ読めるし理解もできたはずなのに、会話ができない。

 

おまけに、ある馴染みの講師から

あなたはFiller(つなぎ言葉)が多すぎる。

また、なぜそんなに会話に詰まってしまうのか。

あなたよりレベルの低い生徒さんですら、あなたよりもっと流暢に話せるのに、あなたはそれができていない。

TOEIC教材使ってたときのあなたの英語は良かったよ。

それがなぜ今できないの?

 

と言われたことで、英語学習についての自信を失ってしまいます。

しかも、その馴染みの講師だけではなく、複数の講師から同じようなことをほぼ同時期に言われたのです。

 

自分よりレベルの低い人が、自分よりも流暢に話せるのだとしたら、今までの学習方針が根本的に間違っていたのではないか。

だからいつまでたっても言いよどむのではないか。

実際、最初期の頃と比較しても、自分自身が成長している実感がない。

このままの方針で学習を続けていて、本当にいいのか。

やはり根本的に何かが間違っていたのではないか。

間違っていたとしたら、どこが間違っていたのか。

 

そう考えるようになってしまい、会話テキストを進めるのが怖くなってしまったのです。

 

  • テキストの内容で、うまく話せないことがあると、またFilllerのことを講師に指摘されるのではないかと考える。
  • Fillerを意地でも使うまいと、無言で考える。
  • 無言で考えようとしても、頭の中が真っ白になるだけで言葉が浮かばなくなる。
  • 余計焦ってしまって何も話せなくなる。
  • 言いよどむことを指摘されるのが怖くなる
  • 余計に話せなくなる

 

という、まさに悪循環!

 

いちばんひどいときには、なにか言おうと思っても言葉が出てこなくて言えず、そのまま黙り込んでしくしく泣き出すという。

もう講師も完全にお手上げの状況になっていました。

 

私には一番のお気に入り講師がいます。

私の最初期の頃をよく知っている先生で、私は週に3~5回ほどはその講師のレッスンを受けています。

 

ある日のレッスンで。

落ち込んだ気持ちを引きずったまま、そのお気に入り講師のレッスンを受けました。

そのときに、

 

  • 私の英語は最初の頃と比べて全然改善されていないように思える。
  • 私がこれまでやってきたことはすべて無駄だったのかもしれない。
  • Fillerは多いし、話すときにすぐ詰まるし、全然なめらかに話せない。
  • 今のこの状況が辛い。
  • 約1年やってきたことが無駄だったのかと思うと、悲しい。

 

と、Skype越しに泣きながらお気に入り講師に相談。

するとその講師は

あなたの強みは文法と適切な語彙を使って話せる点にある。

あなたのレベルでこれだけ正確に文法を理解し、使える人は少ない。

あなたのよさはその正確性にある。

ただ、あなたは自分自身に求めているレベルがかなり高いんだよね。

だから、言い淀むし適切な語彙が見つからないことがある。

多くの人はレッスンでとにかく無茶苦茶な英語で話す。

だから、流暢に話せているように聞こえる。

でもそれは、聞こえるだけで、実際はまったく流暢ではない。

なぜなら文法がひどいから。

あなたは常にじっくり、使う構文が正しいか、どの単語を使えばより正確に伝わるか考えて、とても慎重に話す。

だから言い淀むし、回答に時間がかかる。

でも僕はそれが悪いとは思わない。

なぜならその正確性のおかげであなたは他の人より進歩が速いから。

自分で気づいてないだけだよ。

あれだけ話せなかったあなたが、今こうして僕に相談できてるってことは、あなたの英語は間違いなく改善できてるってことだよ。

 

と励ましてくれました。

また、同じ日本人の英語学習者から「きついこと言われるようになったのは初級を脱して中級に入った証拠だよ、おめでとう」と言われたこともあり、しばらくしてからテキストを普段どおり進められるようになりました。

 

スピーキングテスト2回目と3回目の間には、こんなスランプもありました。

 

 

3回目は自動音声でのスピーキングテスト受験

1回目・2回目のスピーキングテストは、面接官とSkypeで直接やりとりをして受験しました。

面接官と直接やりとりをする場合、その面接官によっても難易度さが生まれることを先の記事でも書きました。

 

今回は自動音声でのスピーキングテストにチャレンジ。

自動音声だとどの問題にあたっても、面接官による難易度さが生まれる、ということはありません。

だから今回はこちらで受験してみました。

 

正直に言います。

 

私は自動音声に向いてない!!

 

そういえばコールセンター勤務時代も、お客さんの留守番電話にメッセージを残すの、超苦手だったんです。

相手がいないのに自分だけしゃべるって、気持ち悪く感じませんか?

なんか、だめです、自動音声。

 

ということで普段のパフォーマンスを出せないまま、3回目のスピーキングテストを終えます。

終えた直後は、全く手応えがなかったので、下手したらレベル3に逆戻りだな、なんてことも考えていました。

 

 

スピーキングテストの結果

さて、スピーキングテストの結果はやっぱり2週間で返ってきました。

15営業日ではなく2週間。

レアジョブのスピーキングテスト、結果返送がいつも早いです。

 

f:id:cocodailylife:20190124224853j:plain

 

ようやくレベル4から脱出できた!!

 

イヤッッホォォォオオォオウ!

 

レアジョブを始めたのが2018年の1月です。

無料体験時のレベルチェックテストは簡易的なものなので、このような数値がでていないのが残念ですが…レベル3のスコアがだいたい80くらいだとしたら、1年nで33ポイントほど上昇したことになります。

 

今回はなぜか文章構成が上がっています。

接続詞にバリエーションをもたせた程度で、他のことはとくに普段と変わらずだったのですが。

おそらく文章構成が上がったのは、接続詞のバリエーションを増やしたからかなと考えています。

 

文法は相変わらず。今回はさまざまな構文を使って話したつもりですが、それでもまだ足りないようです。

発音が少し上がっているのはよくわかりません。

 

 

スピーキングテストを受けて、今後の学習方針

今後、教材はこのように進めていく予定です。

現在使っているのは日常会話中級と旅行英会話。

どちらも1月中には終わる予定。

 

日常会話中級は終わり次第2周目を行います。

旅行英会話は易しすぎるのでリピートせず、実用英会話レベル5を取り組みます。

 

 

 

プライバシーポリシー

お問い合わせ