Coco's Life

Coco's Life

オンライン英会話レビューと、旅行ネタや塾講師ネタなど仕事にまつわる体験談を元教員の視点で語るブログ。

レアジョブのテキストレビュー!(実用英会話/BNA/TOEIC初級編)

スポンサーリンク

こんにちは!Cocoです。

 

レアジョブ英会話 にはたくさんの教材がありますよね。

そこで今回は、私が実際に使ったテキストのレビューを書いていきます。

1つ終わったけど次どうしようかな、と悩んでいる方は、ぜひ次の教材決定にレビューを活用してくださいね。

 

スターター/発音/日常会話テキスト編はこちら

www.cocodailylife.work

 

私が使ったテキストの順番はこちら。

 

www.cocodailylife.work

 

 

さて今回は、実用英会話(レベル3~5)、ビギナーニュースアーティクル、TOEIC初級テキストについて書いていきたいと思います!

 

 

目次はこちら

 

 

レアジョブテキスト:実用英会話

レアジョブ英会話 一押しのテキスト!

古いテキストはpdfファイル形式なのですが、最近の新しいテキストはwebで完結するテキストになっています。

私はpdfのほうが使い勝手がいいので好きなのですが…みなさんどうなのでしょうか。

 

f:id:cocodailylife:20190104171949j:plain

 

今のところ、レベル3からレベル8まで出ているこの「実用英会話」シリーズ。

 

個人的にはあまり好みのテキストではないので、普段は「日常会話」テキストをメインで使い(日常会話テキストは講師を固定して使ってます)、馴染みの先生の予約が取れないときのみ実用英会話を使う、という形で私は進めています。

 

この「実用英会話」の良い点は、単元ごとのまとまり性にあります。

日常会話シリーズは、単元ごとのまとまりがいまいち。文法も語彙もばらばら。

 

でも「実用英会話」は単元ごとの目標設定が明確です。

その上、そこで学ぶ語彙、文法、すべて一貫性があるので、そういう意味ではとても使いやすい教材です。

 

いっぽう、日常会話テキストに比べ、やや難しい印象を受けます。

実用英会話のテキストを使う場合は、自分の今のレベルより、1つか2つレベルを落としたものから始めるとやりやすいです。

自分のレベルの数字にとらわれてテキストを選択するとえらい目にあいます。

 

レアジョブテキスト:BNA(ビギナーニュースアーティクル)

全30単元のニュース教材。

毎日更新されているDNA(デイリーニュースアーティクル)が難しい、という方向けの教材です。

ニュース記事は150~200語程度。

平易な単語で構成されているので、読みやすいです。

 

f:id:cocodailylife:20190104173500j:plain

 

こちらも会話教材と同様、最後にディスカッションがあります。

現在のレベルに応じて、意見と理由を長々と述べるもよし、長々と述べられないなら完結に終わらせてもよし。

そのへんは担当講師がうまいこと調整してくれます。

 

私は、会話初級教材が終わってから使用しました。

会話中級教材が思った以上に難しく、中級に入るまでになにかワンクッション置きたいと思い、講師と相談して選択しました。

 

最後のディスカッションで話せなくなったので、ディスカッション部分のみ予習してます。ほかは特にやらず。

 

このニュース教材、けっこう易しくて、ひとつ上の「DNA(デイリーニュースアーティクル)」とはレベルがかなり異なります。

BNAからDNAへのスムーズな移行のために、もう1段階別のニューステキストがほしいところです。(TOEIC教材で代用できなくもないけれど)

 

レアジョブテキスト:TOEIC初級

TOEIC初級テキスト。

文法・語彙がメインの「ベーシック」100単元と、読解・リスニングがメインの「リーディング」100単元の合計200単元で構成されています。

和訳あり版・和訳なし版と2つのテキストがあるので、実力に合わせて使ってください。

(私は和訳なし版を使いました)

 

f:id:cocodailylife:20190104174521j:plain

 

私はTOEICを受験する2ヶ月前からこの教材を使い始めました。

会話初級を終え、中級に進むにはまだちょっと勇気が出ない…

そうだ、TOEIC受けるから、TOEIC教材でもやろう、ということでこのテキストを選択。

 

語彙・文法テキストである「ベーシック」では、進出単語の英作文課題があるので、私はそこだけ予習していました。

それ以外はとくに予習はやらず。

 

このテキスト、pdf版なのでかなり昔に作られたテキストです。

メールやお手紙の長文の日付が、2012年なんかになっていて、講師と「古っ!」と笑い転げました。

 

また、お世辞にも「TOEICに似ている」とは言いがたいところがあります。

例えば、TOEICの世界では基本的に従業員が解雇されることはありません。

でも、このテキストには普通に「次やったら解雇だからね!」と上司に叱られて、ごめんなさいごめんなさい!もうしないのでクビだけは勘弁してください!とひたすら謝る従業員がいたりします。笑

 

読まなければならない長文の量はかなり多いので(全200長文)、速読の訓練になりました。

さらに、ビジネスレターなどで比較的使われやすい語彙なども身につけることができました。

 

TOEICを受ける方や、自分の語彙を増やしたい方、ビジネス向け文書を読みたい方におすすめの教材です。

プライバシーポリシー

お問い合わせ