Coco's Life

Coco's Life

オンライン英会話レビューと、旅行ネタや塾講師ネタなど仕事にまつわる体験談を元教員の視点で語るブログ。

「受け身」でも大丈夫!英会話初心者・初級者が心がけるべきこと

こんにちは!Cocoです!

 

よく、オンライン英会話のレビューブログなんかを見ていると、「レッスン中は受け身ではダメ!」なんてことが書かれていますよね。

 

実際のところ、「受け身」だと学べる量に限りが出てきてしまいますし、短いレッスン時間を充実させるには「受け身」ではだめ、というのはわかります。

 

ただ、初心者・初級者にとって「積極的」にレッスンを受けるというのはとても過酷なことです。

 

今回は私の実体験をもとに、オンライン英会話初心者・初級者がレッスンで心がけることについて書いていきます。

 

目次はこちら

 

 

「レッスンは積極的に」は気にしない!

f:id:cocodailylife:20190103164356j:plain

オンライン英会話のレビューブログを見ていると、よく書かれているのは

  • レッスンは積極的に受けよう
  • どんどん質問しよう

といったことです。

 

もちろん中級者以上になると、これらをやっていかないと、充実したレッスンにはなりません。

でも、初心者・初級者の段階で「レッスンを積極的に受ける」「どんどん質問する」というのはほぼ不可能です。

少なくとも、私には無理でした。

 

なぜなら、初心者や初級者の場合、

  • そもそも質問文を作るのが困難
  • 講師の解説(英語)が聞き取れない、理解できない

という状況にしばしば陥るからです。

 

質問したいことがあっても、どう言えば伝わるのかわからない。

講師は教えてくれたけど、講師が何を言っているのかわからない。

 

これでは、質問する意味はないですよね?

だから、初心者・初級者の間は、講師に積極的に質問できなくてもいいんです。

それを気にする必要はないんです。

 

そのうち、いくらでも質問できるようになりますから!

 

予習・復習はしっかりと

初心者や初級者がレッスンを充実させるためには、予習・復習は必須です。

 

講師に質問することがまだ難しい状態ですので、予習の段階では

  • テキスト内のわからない語彙は辞書で調べておく
  • テキストを何度も音読しておく
  • テキストに出てくる文法を、市販の参考書等で先に学んでおく
  • 演習問題を先に解いておく
  • (英作文できる場合)質問したいことを英作文しておく

などの準備が欠かせません。

 

私は予習に30分から1時間程度をかけていましたが、場合によってはもっと念入りに予習を行ってもいいと思います。

 

また、復習では、

  • テキスト内のわからなかった語彙
  • テキストの音読
  • 演習問題の解き直し
  • 市販の参考書等で文法の演習
  • 講師に訂正された文の音読

などをしっかり行います。

復習には、レッスン時間の2~3倍くらいの時間をかけて、しっかり入念に行います。

 

つまり1レッスンにつき、

予習:30分~1時間

レッスン:30分

復習:1時間~1時間半

で、レッスン時間を含めて合計2~3時間程度を確保するようにしておきます。

 

 

文法学習と語彙の増強は並行して行う

英語を話すには、文法が必要です。

日本語は、例えば

  • 私は昨日レストランでピザを食べた
  • 昨日レストランで私はピザを食べた
  • レストランでピザを昨日私は食べた

など、語順が異なっても意味が通じる言語です。

(なぜなら「て・に・を・は」などの助詞があるから)

 

ところが、英語は、どの言葉をどの場所に置かなければ行けないかが決まっています。

  • I ate pasta.

は通じますが、

  • Pasta ate I.
  • Ate I pasta.

は通じません。

 

こうした「英単語の並べ方」を学ぶのが文法です。

 

文法の勉強って、正直あまりおもしろくはありません。

ひたすら覚える単純作業。

しかも、参考書を読んでもなんだかわかりにくい。

 

確かにそうなのですが、「伝わる英語」を身につけるためには文法学習は必須です。

また、初心者・初級者の段階では、オンライン英会話の講師に文法の説明をされても

  • そもそも文法用語がわからない
  • 質問ができない
  • 講師の言っていることが理解できない(聞き取れない)

という問題があるので、日本語で書かれた市販の問題集や参考書、日本人の塾講師がアップしているYoutubeの文法解説動画などを使って学習を進めていきましょう。

 

同時に、語彙も増やしていきます。

理想的なのは、英会話のテキストで出てきた単語や、市販の問題集などに出てきた単語から優先的に覚えていくこと。

こうすると、新しく単語帳を買って学習する必要がないので、負担が少なく済みます。

 

発音がわからないときは、Google翻訳Weblio辞書を使えば、単語の音声を聞くことができます。

 

もし英作文ができるようであれば、新しく覚えた単語や文法を使って、自分で英作文をしてみましょう。

速く確実に語彙や文法が身につきます。

 

 

英会話初心者が心がけること、まとめ

初心者や初級者が、講師に質問することができない、というのは当たり前のことです。

英会話をずっと続けていれば、いつか必ずできるようになります。

まだ初心者なのだから、話せない、聞き取れないは当たり前のことなんです。

それはあなただけではありません。

いま英語がペラペラ話せる人も、最初はみんなそうでした。

 

大事なことは、結果を焦らないことです。

英会話の学習は、長期間続けてナンボの世界です。

あなたが今できることを、少しずつ、確実にやっていきましょう。

 

半年後、1年後には、かなり話せるようになっているはずですから。

 

オンライン英会話「ネイティブキャンプ」を受講するときに注意すべきこと

こんにちは!Cocoです。

 

いろいろ思うところがあって、1年余り、ほとんど毎日続けていたレアジョブ英会話 を月8回プランに変更し、そのかわりにネイティブキャンプ のヘビーユーザーになろうと現在検討中です。

 

2ヶ月ほど前に、一度ネイティブキャンプの無料体験をして、今回は本入会に向けて準備…というかまた無料体験をしているところなのですが、前回と今回とではちょっと印象が変わったので、今回はネイティブキャンプ受講の注意点について書きたいと思います!

 

 前回の記事はこちら

www.cocodailylife.work

 

www.cocodailylife.work

 

 

 

 

目次はこちら

 

ネイティブキャンプのメリット

f:id:cocodailylife:20181229160227j:plain

レアジョブやDMM英会話を含め、多くのオンライン英会話では、1日に受けられるレッスン数が決まっています。

私はレアジョブで1日2コマ、計50分のレッスンを受けるコースで学習しています。

 

このタイプのオンライン英会話では、自分のレッスンが終わったら、翌日以降のレッスンの予約を取ります。

講師はその都度こちらで指名します。

 

レッスンは1回25分で、予約枠は30分刻みになっているので、自分がレッスンを受けたい講師と、その時間を選びます。

 

いっぽう、ネイティブキャンプは1日の受講レッスン数に制限がありません。

一応、他社と同じように1レッスンは25分(レッスン時間のカウントダウンは26分から開始)になっていますが、何コマでもレッスンを受講できます。

また、基本的には「予約」は不要で、ネットでネイティブキャンプのサイトを開いたり、アプリを開いたりして「今すぐレッスン可能」な講師に指導をお願いすれば、その場で即レッスンが始まります。

 

これはとても便利です。

自分がやろうと思えば、そして空いている講師がいれば、理論上は24時間ずーっと英会話レッスンを受けられる、ということです。

 

また、講師を指名して指定した時間にレッスンを受けることもできます。

ただしこれは有料で、「コイン」を使ってレッスンを受けます。

私は「コイン」は指名料+時間枠の確保料のようなものだと勝手に解釈しています。

1レッスンにつき、だいたい非ネイティブで100コイン(200円)、ネイティブで500コイン(1000円)程度が必要になります。

 

 

ネイティブキャンプのメリットが裏目に出ることも

今回、ネイティブキャンプに再登録して、感じたことがあります。

それは、

  • 予約が必要ない=モチベーション維持が難しい

ということ。

 

レアジョブやDMMでは、自分で講師を探し、空いている時間を見て講師の空き枠を予約します。

そしてその時間にレッスンを受けます。

 

この方式のレッスンだと、「何月何日の何時からレッスン」ということが頭の中にインプットされますので、その時間に間に合うように予習を済ませたり、そのレッスンで言いたいことを事前にまとめておいたりできます。

 

レアジョブの場合、レッスンの1~2時間前に「そろそろレッスンの時間ですよ~」というメールが届きます。

私はだいたいそれを見て、そろそろレッスンの準備をしよう、と準備に取り掛かります。

つまり、レッスンの時間に間に合うように、自分から考えて行動できるのです。

 

ところが、ネイティブキャンプの場合は、基本的には講師を予約せず、その場で空いている講師を捕まえてレッスンを受けるようなスタイルです。

この場合、「玄関開けたら○○のご飯」のように、サイトを開いたらすぐレッスン、です。

レッスン開始時間が近いからそろそろ準備をしよう、という気持ちになれないのです。

 

 

受け放題だとサボりがちになる

私の場合、「レッスン受け放題」というのは逆にレッスンが受けられなくなりました。

どうしても「いつでもレッスンを受けられるから、今はいいか」という気持ちが大きくなってしまうからです。

 

日本人の習性なのか、日時を指定して予約した場合は、それに向かって準備もできますし、私の場合はよほどのことがない限り、レッスンをキャンセルしません。

(フィリピン旅行中でさえもレッスン受けようとしていたくらいですので…)

 

でも「いつでもOK」と言われると、「今日じゃなくてもまあいいか」という気持ちになってしまいました。

 

 

ネイティブキャンプのデメリットへの対処法

ネイティブキャンプで継続して毎日レッスンを受講するためには、

  • 自分でレッスン時間を決める
  • 決めた時間は何が何でも守る

という2点を自分自身に課すことが必要です。

 

例えば、「毎日22時から30分はレッスンの時間にあてる」など、その時間ならほぼ確実にレッスンが受けられる、という時間を無理やりつくります。

そして、その時間に毎日必ずレッスンを受けることで、自分の行動を習慣化させます。

 

これを3ヶ月も続ければ、毎日レッスンを受けることが習慣化されるので、レッスンを継続できるようになります。

 

 

「ネイティブキャンプ」を受講するときに注意すべきことのまとめ

ネイティブキャンプで継続してレッスンを受けるためには、他のオンライン英会話よりも高い自己管理能力が必要であるとわかりました。

 

私の場合、もともとがサボり癖のある性格なので、もしかしたらネイティブキャンプ方式だと向いていないのかもしれません。

 

ただ、

  • 毎日受講時間を決めて、その時間は必ず受講する
  • 3ヶ月続けて、行動を習慣化させる

ことができれば、レッスン受け放題のネイティブキャンプは他のどのオンライン英会話会社よりも安価でたくさん話すことができるので、おすすめです。

 

 

 

 

 

入試には厳禁!そんなケアレスミスを防ぐ対策とは?

こんにちは。Cocoです。

普段の勉強で、学校の定期テストで、模試で、入試で。

よくやってしまうのがケアレスミス

 

私もやりましたよー。

小学校教員資格認定試験の二次試験で。

1回目の受験で不合格になったのは「ケアレスミス」が原因でした。

 

笑っちゃうようなミスなんですが、普段は絶対やらないのに、

(-1)×(-1)=-1

と計算したせいで、問題全部パーになりました。

記述式の数学問題の最初で間違えたからです。

 

ケアレスミスって誰でもやってしまいますよね。

でもやっぱり、「点を取れるはずのところ」で落とすのはもったいない。

ケアレスミスの多い子だと、それだけで30点くらい失点していることもあります。

 

じゃあこんなケアレスミスをどうやればなくせるか?

今回は、このことについて書いていきたいと思います。


目次はこちら

 

「ケアレス」をテストに持ち込むと「ミス」をする

f:id:cocodailylife:20181228184910j:plain

テストを受けて、そのテストが返ってきます。

見たら、数学や英語の点が期待はずれだったとか、20点分もミスをしたとか、テストを解き直したら90点くらいは取れることがわかった…とか。

 

ケアレスミスって憎い。

そして、悔しいですよね。

 

私自身は塾や家庭教師で子どもに勉強を教えているので、ケアレスミスとの付き合いはとても長いです。

そんな長い経験から、ケアレスミス対策でわかったことがあります。

 

それは、「ケアレス」つまり「ポカ」をテスト会場に持ち込むと、そこで「ミス」が起こる、ということです。

 

テストの解き直しをした場合。

解き直したときに正解できた、ということなので、その問題が解ける問題だ、というのは事実です。

 

でも、

  • 間違えた問題だけを解き直した
  • 時間を計らず解き直した

という状況だったとしたら。

 

その「解き直し」はテストと同じ状況ではありませんよね。

 

ケアレスミスというのは、テスト特有の雰囲気になると出やすくなるからです。

だから、解き直してもケアレスミスが現れないし、試験本番で信じられないミスをするんです。

 

 

【中学受験専門】個別指導塾講師の求人情報

ケアレスミス対策で一番大事なこととは


ケアレスミスの対策で一番大切なこと。

それは、「やらかしてしまう」様子を自分の目で見ることです。

 

問題の写し間違いによるミス、計算ミス、問題の意味を読み間違えた、などなど…。

「やらかしてしまう」ことはよく起こります。

 

では、なぜ、このようなミスをするのか?というと。

 

写し間違いのミスは、目で見た数字と頭で考えている数字が混乱して起きます。

その場合、たいてい「書き写そう」と思いながらも、その間に計算もしているんです。

同時に作業をしてしまっているから、書き写すべき数字に計算の答えの一部を書いてしまったり。

 

計算ミスは、人によってクセがあります。

足し算、引き算、掛け算、割り算など、いろいろです。

8×6=48と計算すべきところが、あせると8×6=42(7×6の答え)と書いてしまう、など。

 

テストになると出てくるので、解き直しをしたときに間違えることはありません。

でも、また同じ状況になると。

「出てきてしまう」ものが「ケアレス」の正体です。

 

だから、「テスト会場に持ち込むな」なんです。

 

 


ケアレスミスを試験会場に持ち込まないためにすべきこと

ケアレスミスを試験会場に持ち込まないようにするには、事前に自分のクセを見つけること。

そして、自分にはこんなクセがあるんだ、と意識することです。

 

そのためには、問題を解いたあとに見直しをして、間違いを見つける練習をします。

他の人(先生や親など)に「やらかしたところ」を見つけてもらうのではなく、自分で見つけるようにします。

こうすることで、「自分はこんな間違いをするんだ」という情報が頭に残り、テスト中や見直しのときに気をつけるようになります。

 

これを繰り返すことでだんだんと「ミス」は起きなくなります。

やがて「ケアレスミス」をテスト会場に持ち込まなくてすむようになります。

 

 

ケアレスミスを防ぐ対策のまとめ

「20点分も落として悔しい!」と悔しがるだけで終わらせてはいけません。

そこで終わっていては、大切な入試本番でも、必ず同じミスをやらかします。

 

普段の勉強では、「自分は20点分のポカをやってしまうんだ!」という気持ちを持って、ケアレスミス探しに励みましょう。

 

試験では、わかっている問題でも間違えるものです。

このことに気づくことができれば、ケアレスミスの撲滅もできますよ!

 

 

中学受験のプロ講師には「希少価値」がある!ということをご存じですか?

英作文からスピーキングまで!「この文は正しいかな?」と思ったときに使えるサイト

こんにちは!Cocoです!

 

私はオンライン英会話でスモールトーク(レッスン開始前の雑談)をするとき、自分の身の回りの出来事を話すのですが。

 

最近は話す内容もだんだん高度になってきて「これ、なんて言うんだろう?」と思うことが増えてきました。

 

また、Hello Talkなどの言語交換アプリを使って外国人と英語で交流したりもしますが、そのときにも「どう書いたら相手に伝わるかな?」と悩むことが多々あります。

 

英作文ってとても難しいですよね。

スピーキングも一種の英作文です。

日本語と英語は「言語」という面では同じですが、言い回しなんかが異なるので、日本語で言いたいことを英語に直訳しても伝わらないことがたくさん。

 

そこで今回は、「この文で伝わるかな?」「この文で正しいかな?」と思ったときに私が利用する方法を紹介したいと思います!

 

目次はこちら

 

DMM英会話の「なんてuKnow?」を利用してフレーズを調べる

f:id:cocodailylife:20181228184910j:plain

 

DMM英会話なんてuKnow?、これとても便利なサービスなのですよ。

そもそも日本語から英語に変換するのがうまくできない、というときに使います。

例えば、「私、猫舌だから熱いものが苦手」って言いたいときにどう言えばいいのか。

もちろん直訳でcat tongue だとおそらく通じないだろうな、というのはなんとなく想像できると思います。

 

そういうときに「なんてuKnow?」内を「猫舌」で検索してみると…。

f:id:cocodailylife:20190213212338j:plain

こんな感じで検索結果がヒットします。

上の質問をクリックすると、

f:id:cocodailylife:20190213212553j:plain

このような解説や例文を見ることができます。

この「なんてuKnow」で解説をしてくれる方は、翻訳者や英語ネイティブの方ばかりです。

 

weblioの例文を英会話で使うと、講師から訂正されることがとても多いのですが、DMMの「なんてuKnow」の中にあるフレーズを使って話をすると、講師はたいてい「あなたの英語は自然ね」と褒めてくれます。笑

 

日本語をうまく英語にできないときは「なんてuKnow」でまず検索してみるのがおすすめです。

 

英作文で使っている単語や表現が正しいか不安なときにフレーズを調べる

自分でどうにか英作文をしてみたものの、なんだか不自然な言い回しに感じる、使う単語が適切なのかわからない。

そんなときに私が使うのはGoogleです。

 

あっ、待って!

ページを閉じないで!

 

ほんとにGoogle検索がとても役に立つんですよ。

 

例えば、私はこの前、「学級閉鎖は、インフルエンザが広がるのを防ぐために実施される」みたいなことを英会話で言いたかったんですね。

で、「感染が広がるのを防ぐ」ってどう言うんだ?と思ったんです。

 

avoidを使って言うこともできるのですが、ここ数日、ひたすらavoidを使い続けていたので、そろそろpreventを使ってみたくなったんです。

そこで、とりあえず自力で英作文してみます。

to prevent the flu from expanding

 

でも、自分の中ではいまいちしっくり来ませんでした。

理由は2つ。

 

  • prevent A from doing の構文では、Aに入るのはたいてい「人」だから。
  • この場合、「拡大する」でexpandを使うのはなんだか不適切な気がするから。

 

もちろんこのまま英会話で使って、講師から訂正されて覚える、というのも一つなのですが。

どうせだったら予習の段階で、きちんとした英語で表現できるようにしておきたい。

 

そう思うので調べます。ここでGoogleの出番です。

ちなみにGoogle翻訳だとこうなります。

一見、正しいように思えます。

f:id:cocodailylife:20190213213916j:plain

 

でも、私が見るのはGoogle翻訳ではありません。

機械翻訳だとどうしても正しくない訳が出てくることがあるからです。

 

私は、Googleの検索窓に「prevent the flu from expanding」と入力して検索します。

そして出てきた結果を見ます。

f:id:cocodailylife:20190213214314j:plain

そうすると、このように、「prevent the flu from」というフレーズはどうやら使えそうだ、ということがわかります。

さらに、「from spreading」とあるので、expandよりもspreadを使ったほうがどうやら適切らしい、ということも推測できます。

 

さらにここで、「expandとspreadの違い」について検索をしてみます。

f:id:cocodailylife:20190213220735j:plain

spreadとextendとexpandとswellの違い – 違いがわかると英語がわかるを見ると、

spreadは、四方八方に広がることです。
extendは、特定の方向や時間に対して伸びたり、広がることです。
expandは、大きさ、量などが内部の力により伸びたり広がることです。
swellは、(通常は水が集まるため)体積や量が普通の状態よりも大きくなることです。

日本語にすると、地図をテーブルに広げるならspread、ビーチが遠くまでずっと伸びているならextend、都市が発展して拡大し続けているならexpandを、腕をぶつけて腫れ上がったならswellを使います。

 と書かれています。

 

私はこのようにして、自分の英作文した文章が正しそうかどうかの見当をつけています。

 

HiNativeやHello Talkでネイティブに添削してもらう

DMMの「なんてuKnow?」で検索したり、Googleである程度文が正しいか判断したあと。

私は、HiNativeやHello Talkで英作文をネイティブに見てもらい、自然な文になるように訂正をもらいます。

HiNativeでは基本的には質問したいことを日本語で書いても、日本語がある程度わかるネイティブから返信が得られます。

(私は英語の勉強のために、質問文も基本的に英語で書いていますが)

 

HiNativeもHello Talkも、どちらも無料で利用できるので、お金をかけずに英語を学んでいくことができます。

 

 

英作文からスピーキングまで使えるサイト・まとめ

今回は、英作文やスピーキングに使えるサイトと、その使い方をいくつか紹介しました。

スピーキングは「瞬間英作文」の繰り返しなので、自力で英作文ができる文章は練習することによって口からスムーズに出すことができるようになります。

 

ただ、英作文はやはり誰かに添削してもらわないと、それが正しいかどうか自分では判断することが難しいですよね。

そんなときに使えるのが「なんてuKnow」だったり、googleだったりします。

紹介したようにGoogleを使えば、効率よく英作文の学習ができますし、英語力も上がりますよ!

 

 

「講師メモ」をうまく活用することでレッスンが捗るよ!【レアジョブ】

こんにちは!Cocoです。

 

オンライン英会話を長く続けていると、たくさんの講師と出会います。

一度レッスンを受けたことのある講師でも、少し時間が経てば、どんな先生だったか忘れてしまいます。

 

そんなときに活用できるのが「講師メモ」です。

今回は、Coco流の「講師メモ」の使い方について書いていきたいと思います。

 

目次はこちら

 

関連記事はこちら

 

www.cocodailylife.work

 

 

 

レアジョブの「講師メモ」とはどんな機能?

f:id:cocodailylife:20181229160227j:plain

 

レアジョブ英会話 には「講師メモ」という機能があります。

講師についてのことを、自分(生徒)がメモしておくときに使えます。 

 

f:id:cocodailylife:20190209143738j:plain

レアジョブの講師選択画面はこのようになっています。

講師の写真の下、自己紹介の上に「講師メモ」の欄があります。

このメモは自分のみが閲覧可能で、講師も、他の生徒も見ることができません。

 

一度受講した講師でも、時間が経ってしまうとどのような講師だったか忘れてしまいます。

だから私は、お気に入り登録をしなかった講師については、できるだけ「講師メモ」に一言書いて残しておくようにしています。

 

 

講師メモに書く内容…日付を入力しよう

私の場合は特に統一していませんが、できるだけ書くように心がけているのは「日付」です。

というのは、講師のプロフィールページには、自分がこの講師と何回レッスンをしたか、最後にレッスンを受けたのはいつか、という情報は残りますが、他の情報は残りません。

他の情報を得たい場合は「レッスン履歴」を参照するしかありません。

 

ところが、レッスン履歴はcsvファイルなどで一括してダウンロードすることもできません。

複数回受講したことのある講師については、膨大なレッスン履歴の中から、ひとつひとつ手作業で探していくしかないんです。

 

これが面倒なので、私はできるだけ「受講した日付」を講師メモに残すようにしています。(とはいえ、よく書き忘れてしまいますが)

 

 

講師メモに書く内容…率直な思いを書いておこう

講師メモは自分だけが見ることができるもので、他の誰にも見られることはありません。

だから私の場合は、その講師に自分がどんな感情を抱いたか、レッスンを通してどう思ったのかをかなり率直に書いています。

 

これから6人分のレッスンメモを挙げますが、このような感じです。

だいたい不満な点を書いています。

f:id:cocodailylife:20190209144555j:plain

自分とは合わない先生はきっぱり「合わない」と書いておかないと、次もまたうっかり同じ講師を指名してしまう可能性があります。

非表示講師に登録するというのも一つの手ですが、非表示にできる講師の数は限られているので、私はめったに非表示にはしません。

 

そのかわり、この「講師メモ」を活用しています。

 

その他には、例えば

  • とても厳しい。気分が落ちているときは取らないこと
  • 学術的な話題はNG(教養がない)
  • 文法が怪しい
  • 発音いまいち
  • 講師と発音をめぐって喧嘩した

などと講師メモに書き込んでいることもあります。

 

レアジョブで講師メモを活用するメリット

講師メモは、レッスンを受けてすぐに、一言残しておくといいです。

時間が経つと忘れてしまいますので。

簡単なメモ書き程度でも、時間が経ってからも思い出せますし、思い出せなくても「過去の自分がこう書いているから、おそらく○○な先生なのだろう」と推測できます。

 

「講師メモ」を活用することによって、お気に入りには入れなかったけれど、またレッスンを受講してもいいと思える先生と、そうでない先生を区別することができます。

 

「講師メモ」活用のまとめ

おそらく、レアジョブに限らずどこのオンライン英会話でも、このようなメモがあると思います。

このような講師に関するメモをうまく活用することで、一度受けていまいちだった講師を再度指名する必要がなくなります。

 

つまり、自分の時間を無駄にすることがなくなる、がっかりする確率が減る、ということですので、ぜひ「講師メモ」を有効に活用してみてくださいね。

 

 

フィリピン人講師は文法が苦手?最近感じること【オンライン英会話】

こんにちは!Cocoです!

 

レアジョブ英会話 でかれこれ1年余り英会話の勉強をしてきました。

もちろん、オンライン英会話だけではなく、自己学習も続けてきた結果、私自身の英語の力はこの1年で大幅に上昇したと思っています。

そのような状態でオンライン英会話を続けていると、ときどき「あれ?」と感じることが多くなってきました。

 

そこで今回は、私が最近フィリピン人講師に対して感じることを書いていきたいと思います。

 

目次はこちら

 

オンライン英会話のフィリピン人講師の訛り

f:id:cocodailylife:20181229160227j:plain

フィリピン人講師の中には、一部ですがかなり訛りの強い英語を話す人がいる、というのは否定できません。

例えば、過去に私がレッスンを受けた講師は、universityやinterestingのアクセント位置が明らかにおかしかったりしました。

 

ただこれは、回数をこなせば、ある意味「慣れる」ので聞き取れるようになります。

もちろん最初の頃は聞き取れなかったり、違和感を覚えたりもしていましたが。

 

大卒講師でも知識教養に欠けることがある

先日、フィリピン人講師と会話をしていたときに議論になったのが、

 

サンゴは動物か植物か

 

という問題。

ちょうどcoral(サンゴ)という単語を英語を使って説明する、ということをやっていたときのことでした。

 

私が「サンゴは動物の一種で、海にいて、植物みたいな格好をしているやつ」と英語で表現したところ。

講師は「いや、サンゴは植物でしょう」と言い始めてびっくりしました。

実際サンゴは産卵しますし、調べたところ、クラゲの遠い親戚、といえる動物です。

 

ところが講師はその事実を知りませんでした。

その講師はコミュニケーション学科出身だったので、おそらく生物学には詳しくなかったのだろうと考えましたが…

 

もちろん、知識の豊富な講師もいるのですが、そうでない講師も少なくないので、込み入った話をするときは気をつけなければならないなと感じました。

 

 

フィリピン人講師は文法が苦手なことがある

私はオンライン英会話では文法教材を使っていません。

文法に関しては日本の市販の参考書をもとに勉強したほうが手っ取り早いと考えているからです。

また、何度か、フィリピン人講師の文法力に疑問を感じるようなできごとに遭遇しているので、彼らの文法説明はあまりあてにしていない、という理由もあります。

 

先日、仮定法過去を使って、”Even if I had time, I would never try them.”と話をしたところ。

講師から”Even if I have time, I would never try them.”と訂正を入れられました。

 

私は仮定法過去を使って話をしていたのですが、講師はif節のみ現在形に変えることを要求しました。

これは本当に謎なので、後日信頼できる講師に、この訂正が本当に正しいかどうかを確認してみるつもりです。

 

また、直接話法を間接話法に変更する問題においても、時制をずらさず書き換える、と言われて混乱したことがあります。

 

どうも彼らは時制があまり得意ではないらしいので、フィリピン人講師から英文法を学ぶ場合は時制に注意が必要かもしれません。

 

フィリピン人講師の良さはコミュニケーション能力

ただ、フィリピン人講師がコミュニケーション能力に優れている点は事実です。

生徒のつたない英語を聞き取り、会話の意図を理解して適切な位置に、適切な速度でボールを投げ返してくれる能力は、他の国の講師より優れていると感じます。

 

こちらがどんなに暴投しても、彼らは基本的にきれいに拾ってくれます。

そういう意味では、以前にこちらの記事を書きましたが

 

www.cocodailylife.work

 

やはり英会話初心者、初級者にはフィリピン人講師は最適なのではないかと感じます。

 

実践英語を1日1題。着実に英語力を伸ばすなら、【 HiNative Trek 】

レッスンルームでの受講を試してみたけどうまくいかなかった話(スマホ/タブレット編)【レアジョブ】

こんにちは!Cocoです。

 

前回、レッスンルームで実用英会話テキストを使ってみたよ(PC編)【レアジョブ】という記事を書きました。

今回はタブレットで受講しようとしたのですが、見事に失敗。

なぜうまくいかなかったのかはちょっとよくわかりませんが、今回はそのことについて書いていきます。

 

目次はこちら!

 

スマホタブレットからはレアジョブのアプリを使用する

スマホタブレットを使ってレッスンルームでレッスンを受ける場合、レアジョブ英会話 の公式アプリを経由してレッスンルームに入室します。

 

私はもっぱらパソコンからレアジョブのレッスンを受けていますし、予約を取るときもタブレットスマホではなくパソコンから予約を取っています。

 

というのは、レアジョブのアプリは正直言って使いづらいから。

 

レアジョブのアプリですが、スマホから見るとメニューはこのような感じになっています。

メニュー画面についてはとてもわかりやすいので、特に不満はありません。

 

f:id:cocodailylife:20190207175216j:plain

 

 

ところが、予約画面はこんな感じ。

(予約しているのはお気に入り講師なのでモザイクかけてます)

f:id:cocodailylife:20190207175332j:plain

 

スマホの画面からだと、最大で1画面に2人しか見ることができないんです。

どんどんスライドさせていって他の講師を見るのですが、これがとてもやりづらいです。

予約可能時間も左右にスライドさせながら見ます。

 

講師名の右側の☆はお気に入り登録している講師か否かを表します(お気に入りだと★になる)。

☆の右側の人が話しているような丸いアイコンをタップすると、講師の音声を聞くことができます。

 

とにかくアプリが使いづらい!

だから私はこれまでスマホタブレットからはレッスンを受講しませんでした。

(パソコンでSkype接続ができなかったときのために、スマホSkypeアプリは入れていますが)

 

 

タブレットからレッスンルームを使おうと思ったものの…

レッスンルーム対応講師の予約をして、レッスンの3分前にレッスンルームに入室します。

ところが、タブレットからアプリに接続しても、なぜかレッスンルームに入ることができませんでした。

 

f:id:cocodailylife:20190207180051j:plain

 

ずっとこの画面のままで、レッスンルームに入ることができません。

ちなみにレアジョブのアプリ自体は3日前に更新を済ませているので、最新版です。

 

困ってしまいましたが、時間も迫っているので、仕方なくタブレットでの受講を諦めてスマートフォンからの受講に切り替えることにしました。

 

f:id:cocodailylife:20190207180254j:plain

 

今日学ぶ予定のテキストを開いて、講師の入室を待ちます。

講師が入室すると、講師の名前の左側の丸が緑に変わります。

今日もこのあとすぐに緑になりましたが、なぜか講師の声は聞こえず、画面もこのまま。

 

なーぜー!

 

時間が限られているので、スマホではなくパソコンからレッスンルームに入室し直します。

 

結局パソコンからレッスンルームに入ってレアジョブのレッスンを受講

f:id:cocodailylife:20190207180749j:plain

5分ほど時間を無駄にしましたが、なんとかパソコンからレッスンルームに入室できました。

 

ところがここでも問題発生。

パソコンからレッスンルームに入る場合、動作確認チェックが必要なのですが、今回はレッスン時間を過ぎていたので動作確認せずに入室したのです。

 

今日はちょっとネットの回線状況がよくなかったようで(SoftBank Airにはよくあることなのですが)講師の送ってくれたチャットは見ることができないし、音声は途切れるしで散々なレッスンでした。

 

 

レッスンルームで不具合が発生すると、講師から不具合連絡がされる

レッスンが終わってから気づきましたが、レアジョブからこのようなメールが届いていました。

 

f:id:cocodailylife:20190207181624j:plain

不具合(講師が入室しないなど)があった場合、生徒が不具合の連絡を入れることができますが、講師側からも生徒の不具合を申告することができるようです。

これはかれこれ1年ほどレッスンを受けてきて初めて知りました。



レッスン終了後に不具合の原因を考えてみた

レッスンが終わってから、今回の不具合の原因を考えてみました。

 

タブレットからレッスンルームに入室できなかったという問題については、今もわかりません。

レアジョブのサイト内にあるQ&Aを参照しましたが、原因らしいものを特定することができませんでした。

 

スマートフォンから接続したときに、講師とやりとりができなかった点については、私のスマートフォンのセキュリティ設定が悪さをしていたようです。

 

音声や画像をやりとりするアプリを利用する場合、今使っているスマートフォンは初回利用時に「音声や画像をアプリに送るかどうか」を尋ねられます。

 

数日前に設定をしたのでよく覚えていませんが、「音声や画像をアプリに送るかどうか」と尋ねられたとき、私が「許可しない」を選択したような記憶がうっすらあります…。

 

次回、スマートフォンからレアジョブのレッスンルームを使うときには、事前にこの設定を解除しておきます。

 

 

スマホからレッスンルームに入室して思ったこと

スマホからレッスンルームを利用できるのはとても便利です。

 

ただ、やはりスマホだと画面が小さいのでテキストがとても見づらいです。

私は最近小さな字がとても見えづらいのですが、スマホからの受講だと字が小さくて不便に感じました。

 

また、実用英会話教材の場合、レベル3~5の教材については日本語表示をするかしないかを、タップして指定できます。

これは便利なのですが、その「日本語表示をするかどうか」のボタンが邪魔で(スワイプしてもずっと同じ場所にとどまっているので)、テキストがとても見づらく感じてしまいます。

 

さらに言えば、パソコンからレッスンルームを利用する場合、動作環境チェックをすることによって、問題なくレッスンルームが使えるかどうかを事前に確認できます。

 

タブレットスマートフォンを利用してレアジョブのアプリからレッスンルームに入る場合、動作環境チェックはできません。

だからレッスン直前、あるいはレッスンが始まってから不具合に気づいて慌ててしまう、という状況が発生します。

 

もちろん不具合が発生した場合は、レアジョブはチケットという形でレッスンが受けられなかった分を補填してくれます。

 

それでも不具合が起こると時間を無駄にしてしまうことになるので、アプリからでも事前に不具合がないかどうかの動作確認ができればもっといいのにと感じました。

 

 

プライバシーポリシー

お問い合わせ